ロベルト・フィルミーノ徹底分析〜スタッツに表れない「美しさ」〜

The following two tabs change content below.
グラッド
KOP歴14年|リバプールFCラボ |数字で語る欧州サッカー 運営|@LFCjpにコラム寄稿|デジタルマーケティング的な仕事|ニュアンス翻訳|

フィルミーノが魅せ続けた完璧なプレスバック

Embed from Getty Images

終始機能していたレッズ陣によるボールホルダーの囲い込みがレスターの攻撃陣を苦しめたが、その中でもフィルミーノの的確なプレスバックが試合を通して効き続けていた。ベンテケへのアシストを決めるまで攻守ともに色気のあるプレーは少なかった11番だが、俯瞰して試合を捉えると彼の貢献がレスター陣の選択肢を狭めていたことは明らかだ。リバプールは前半30分までに少なくとも8回、フィルミーノのプレスバック絡みで中盤でのボール奪取に成功している。中でも特筆すべきシーンを下記に2つ紹介する。

前半3分の場面

試合開始直後ということもあり、クロップからの指示を的確に実行したのだろう。ロングボールが蹴られると最前線から自陣に戻り、パスコースを狭めながら背後からプレス。残念ながらこの後ファールの判定を受けたが、確実にレスターの攻撃の芽をつんでいる。この場面ではレスターがパスを試みる機会自体を奪った。

前半19分の場面

こちらも内側へのコースをけしつつプレスバックをかけ、逆サイドへの展開を阻止。この場面ではミスパスを誘発し狙い通りボールを奪い取っている。

前述の通り、この様なシーンが前半30分までに少なくとも8回存在した。

フィルミーノ効果

クロップのサッカーは相手のボールホルダーに対して人数を裂き、ボールを取り切るか相手のミスを誘発することが前提とし組み立てられている。故に各選手がプレッシャーをかけるタイミングを図り間違えると瞬く間にその包囲網は崩壊し、手薄なスペースを相手に手渡すことになる。しかし、このレスター戦で招いたピンチはセットプレーからのリスタートか個人のミス絡みであり、プレッシャーを突破されることはほとんどなかった。その影の立役者となっていたのが間違いなくフィルミーノだ。ちなみに組織がより機能していた前半、レスターがエリア内に通したパスはわずか「1本」である。

上述のようにフィルミーノは的確な位置を取りながら前線から守備を行うことができる。言い方を変えるとカバーシャドーをしながら相手のボールホルダーにプレッシャーをかけるプレーが極めて上手いプレイヤーである。カバーシャドーとは自らのポジショニングによってパスコースを制限する方法のことを言う。

画像出典:soccerpilot.com

フィルミーノはこの日の様なプレーを2年以上、涼しい顔で継続してきた。「点を取るだけのFWは必要ない」と言及しているクロップは、スタリッジやベンテケなどカバーシャドーの技術が十分ではない前線の選手を見切ったが、監督がフィルミーノを賞賛し重宝している理由がここにある。

最後に

画像出典:LFC公式Twitterより

上記の考察内容は筆者が2015年に書いたものだが、それから約2年が経ちフィルミーノはより一層泥臭く輝きながら、攻撃面でも目の冴えるスタッツを残し始めている。1718シーズンは39試合時点で22ゴール13アシスト。今の時代、各チームのスカウトはデータを元に補強したい選手をリスト化し、データを元に投資判断を行なっている。そう遠くない将来、技術の進歩によってリバプールを熱心に追いかけるフットボールフリークにしか解らない彼の美しさが数値化されることになるだろう。いや、最先端の現場では既にそのような仕組みが構築されているかもしれない。

上記スタッツに彼の影の貢献が加わって数値として可視化された時、ロベルト・フィルミーノの選手としての価値は計り知れない。いかにも、一人のKOPとしてはボビーが過小評価され続けてくれることを願っている。

【サラー&フィルミーノ&マネ】リバプールの快速3トップはゴールセレブレーションにも注目!

2018.02.20

ロベルト・フィルミーノ│リバプール選手名鑑

2017.04.21

ユニフォームを脱ぎたがるフィルミーノ君へ

2017.04.12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。