そろそろFWどうにかしなくちゃ? フィルミーノに代わるストライカーは必要か

The following two tabs change content below.
コーク

コーク

選手の分析記事をメインに、好きな音楽のネタを絡ませた記事も。ライター名はコカ・コーラから。あと櫻坂46の田村保乃さんのファンです。よろしくどうぞ。

コークです。早速なんですけど、この記事はタイトルの「そろそろFWどうにかしなくちゃ」ってフレーズを使いたくて書きました。元ネタはカネコアヤノの『ロマンス宣言』です。いや、カネコアヤノめちゃくちゃいいですよ。Suchmosが活動休止をした今、個人的に最も熱い邦楽アーティストです。

MVもあるんで是非

そういえば今日で4月も終わるし、『セゾン』って曲がぴったりな季節になりましたね。セゾンだけに。はい。『ロマンス宣言』や『セゾン』に限らず、どの楽曲も現代のちょっとした日常を歌っているのに、曲全体の雰囲気はとってもノスタルジックなんですよ。日本人まじで全員聴いてくれ。

そういや『アーケード』って曲の「さらに今日は曇り空 太陽がいなくっちゃ上手にターンもできないや」というリリック。これとかもう年中曇りのイギリスに馴染めないラテン系のサッカー選手のことを歌っているとしか思えません。やっぱり全員聴いた方がいい。

とりあえず俺はカネコアヤノをめちゃくちゃ信頼している。Suchmosは聴いてると自分がイケてるんじゃないかと錯覚できるけど、カネコアヤノを聴いてるとまじで人生、大丈夫な気がしてくる。根拠はないけど平気だね。彼女の曲を聴いているやつに悪い奴はいない。だから日本人は全員聴いた方がいい。争いもなくなる。ラブ&ピースだ、ジョン・レノンもきっと喜んでる。

なに言ってるんだか自分でも分からなくなってきた。正直タイトルありきで書き始めたのでもう満足しちゃったみたいなところはあるんですけど、じゃあこれで終わりってわけにも当然行かないのでリバプールの話を書いていきます。と言っても、丁寧な考察というよりかは個人的な雑感を書いていくスタイルなので、それでもいいよって人は最後までお付き合いください。

最近のフィルミーノ、どう?

画像出典:LFC公式Twitter

まんまなんですけど、最近のロベルト・フィルミーノってまぁ色々と言われること多くなりましたよね。フィルミーノの代わりのストライカーを獲るべきだって声もかなり見かけるようになりました。

理由はけっこう単純で、ストライカーとしての数字の物足りなさが批判されている最大の要因だと思います。好調なときは、なんならそれこそがフィルミーノの良さなんて言われてたのに厳しい世界です、本当に。あとこれは余談なんですが、フィルミーノってRIP SLYMEの『熱帯夜』が似合いそうじゃないですか?あの変なダンス、ぜひセレブレーションでやってほしい。

話を元に戻すと、実際のところフィルミーノにはもう少し得点の部分で目に見える結果が欲しいことは自分自身、否定できないです。あんまりシュート上手くないんですよね、フィルミーノ。もちろんとんでもなく上手いシュート決めるときもあるんですけど、普通のシュートをあまりにも外しすぎる。本当に「シュートが上手い選手」って、決めるところをしっかり決めれる選手のことだと思います。フィルミーノがそうかって言われたら、そうではないよねっていう。

でも、だからといってフィルミーノに「ゼロトップといえども、CFなんだからもっと独力でゴール奪って来いよ」って思ってるわけでもないんですよね。そうじゃなくて、「頼むからこれは決めてくれ」ってシーンで呆気なく外すのをやめてほしい。いくらストライカーとしてゴールを決めるって役割以外のことを頑張っていても、CFの位置でプレーしているからには絶好機をちゃんと沈めていただきたい。それだけで今季のゴール数、+5ぐらいは固いんじゃないですね。

例えば、いくらビルドアップの面で貢献していたとしても、致命的なエラーによってセゾン… じゃなかった、シーズンにいくつも失点を献上するようなCBやGKって批判されますよね。得点数が少ないと批判されているフィルミーノだけど、こういう「絶好機をちゃんと決め切る」だけで外野の声を抑え込むぐらいの得点数にはなっていたんじゃないかと思います。

フィルミーノは放出するべきなのか

画像出典:LFC公式Twitter

たしかにスリリング・スリーの火力が以前よりも落ちていることは間違いないし、すぐにではないにせよ解体される日もそう遠くはなくなってきたと思います。とはいえ、じゃあその中で真っ先に置き換えるべきはフィルミーノかと言われれば、それはそれで難しい問題だと思います。

フィルミーノを中央に、モハメド・サラーが右、サディオ・マネが左に配置された3トップは補完性が抜群。特に中央のフィルミーノのおかげで両ワイドの殺傷力が高まっているのは言うまでもありません。他でもないマネ本人が「フィルミーノは僕やサラーより評価されてもいい。彼がいなければ僕らはこんなに得点を決めれていない」と言っていますしね。

サディオ・マネがブラジルのメディアのインタビューでアリソンとロベルト・フィルミーノを称賛

2021.02.26

ってことはですよ。CFにゴールを求めたくてボックス内での仕事に全振りしたような純粋な9番タイプを連れて来たとする。その選手はそれなりに点を決めてくれるかもしれないけど、代わりに両ワイドを喰っちゃう気がしないでもないんですよね。それならまだ点取ってくれるからいいけど、最悪、スタイルが合わなくて全く能力を発揮できないなんてこともありえます。

マネはさておき、サラーなんてリバプールに来てからはむしろ右ワイドでプレーするストライカーって感じなんで、うーんって。3人の中でフィルミーノを真っ先に置き換えるのであれば、3トップの構造そのものを再構築する必要があるんじゃないかって思います。

じゃあ3人の中で誰を最初に置き換えるべきかと言われたら、めちゃくちゃ難しいんですけど個人的にはマネですかね。ちなみに3人の中で一番好きなのも、これまた難しいけどマネです。誕生日同じなんですよ、私。好きだから当然ずっと居てほしい気持ちもあるけど、とはいえ、クラブより大事な選手はいないので…。

画像出典:LFC公式Twitter

でもですよ、「へー、じゃあマネを出すの?」って言われたら、そういうことでもないんだな、これが。たしかにピークを過ぎた感は否定できないけど、まだまだ独力で巨大な違いを生み出せるワールドクラスのタレントです。必要なのはリプレースではなく、3トップが最大限の能力を発揮できるように彼らに休息を与えることのできるアタッカーだと思います。

FW陣の補強はどうするべきか

どうするべきかとか大層なことを言ってますけど、あくまで一サポーターの戯言に過ぎません。カネコアヤノ風に言うと「私の理想の補強計画」です。個人的に思うFW陣が抱えている問題は、フィルミーノやマネの調子が悪くても、彼らの代わりに出せる選手がディオゴ・ジョタぐらいしかいないことだと思っています。

力関係が、「調子の悪いフィルミーノやマネ、サラー」>「ディヴォック・オリギやジェルダン・シャキリ(あるいはアレックス・オックスレイド=チェンバレンや南野拓実)」なんですよね。普通の日の彼らを上回るのは難しくとも、せめて全然ダメな日の彼らよりかはいい働きを求めたいところです。

調子の悪いスリリング・スリーの方が控え組より能力が高いため、彼らに頼ってしまう。それゆえ彼らを休ませることができず、さらにコンディションを落としてしまう。こんな単純な問題ってことでもないとは思いますが、火力低下の要因の一つであることは間違いないと思います。

そんなこんなで、FW陣の最大の問題は彼らにあるのではなく、彼らに頼らざるをえない環境にあるのかなって。3人のうちの誰かを先発から外して休ませたのに、後半に点が欲しくなって結局出すってパターン、何回見たか分からないですからね。

通常時の彼らに負けず劣らずの活躍が見込めるジョタ級とは言わずとも、彼に近いレベルで3トップの代わりが務まるFWがあともう1人欲しい。ポジションはCFではなくWG。中央に関してはサラーをCFで起用するオプションがあることと、ジョタがフィルミーノに近い役割をこなせることからWGの方が欲しいです。

CFはマーケットにいる選手の母数も少ないですし、リバプールのCFに求められる能力を持つ選手に絞るとさらに少なくなります。純粋な9番タイプを連れてくるのも一興ですが、ダニエル・スターリッジやクリスティアン・ベンテケがユルゲン・クロップ政権下で苦戦したことに鑑みるとそれはないのかなと思ったり。

補強候補は?

個人的に、左右のどちらを主戦場にしているかはあまり気にしてないです。強いて言えば右だけどマネもジョタも回せるので、選択肢を広げる意味でもそこをこだわる必要はあんまりないかなーと思います。

噂レベルで人気なのはペドロ・ネト(ポルトガル/ウルヴズ)とハフィーニャ(ブラジル/リーズ)ですかね。どちらも左利き(ただネトはどっちかというと左での起用の方が多い)で実力があり、それでいて若いので良い候補だと思います。体感ですけどこの2人が頭抜けてアタッカーの補強候補としては(リバプールのファンから)人気な気がします。

画像出典:telegraph.co.uk

でもネト、この4月に大怪我しちゃったんですよね。全治半年以上らしいので、そうなるとハフィーニャ一択なのかなぁ。そのハフィーニャと入れ替わるようにレンヌに移籍したジェレミー・ドク(ベルギー)なんかも興味をそそる選手ですが、今すぐ獲得してどうこうってレベルにはないと思います。まぁ今夏買っちゃってもいい気はしますけどね。

画像出典:プレミアリーグ公式Twitter

あとはムサ・ディアビ(レヴァークーゼン/フランス)なんかも面白いかなぁと思います。ちなみにディアビ、2020年12月に契約を延長したばっかなんですけど、彼と同日に契約を延長したエドモンド・タプソバ(ブルキナファソ)っていうCBもいいんですよ。なんだか名前に江戸っ子感があるのも個人的にポイント高いです。

ちなみにCFだとパトソン・ダカ(RBザルツブルク/ザンビア)が人気ですよね。ただ彼もまたドクと同じく、今すぐ獲得すべきかって言われたら…って感じは否めないです。まぁ今夏買っちゃっても(以下略)。

現実味関係なしに誰か一人連れて来れるならフェデリコ・キエーザ(ユヴェントス/イタリア)がいいです。ただ好きなだけです。どうにかこうにか来ないですかね。来るわけないか。でも万が一来てもイタリア人ってのがちょっと不安要素ですね。来ないけど。

あとがき

なんだかんだ上手くまとめられずに長ったらしいものになってしまった。最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。データに基づく信頼性の高い記事でもなんでもない、一サポーターの戯言なんですが、楽しんでいただけたら幸いです。

4月も今日で最終日。春もそろそろ終わりますが、リバプールには春が訪れるといいですね。

それではまた別な記事で!

2 件のコメント

    • 承認が遅れてごめんなさい!

      この度は駄文を読んでいただきありがとうございます!いつか匿名さんが「コークはわしのアンチコメが育てた」と胸を張って言えるような文章を書けるように頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA