リバプールFCが生まれた 「1892年」 はどんな年だったのかを振り返る

The following two tabs change content below.
コーク

コーク

ライター名は大好きなコカ・コーラから。戦術・選手分析といった普通の記事から一風変わったものまで書きます。

画像はLFC公式サイトより

「1892年」はリバプールのサポーターにとって特別な年ですよね。リバプールのクレスト(エンブレム)にも刻まれているように、1892年はリバプール・フットボール・クラブが誕生した年。2017年は創立125周ということもあり、復刻版ユニフォームや、アニバーサリー・イヤーに相応しいシャツやスニーカーといったグッズが多く作られています。

画像はNewBalance公式Twitterより

しかし、今から125年前の日本は明治25年。私たちには少々昔のことで、この時代はどんな年で、なにが起きていたのか、知っている方は少ないのではないでしょうか。筆者は現在大学生で、ヨーロッパの歴史や文化などを学んでいるのですが、つい先日、古代オリンピックと近現代オリンピックについての講義を受けた際、その資料として配布された年表に、「1892年:ピエール・ド・クーベルタン(古代オリンピックを現代に復活させた『近現代オリンピックの父』と呼ばれるフランス人)が古代オリンピックの復活を提唱」と書かれており、「リバプールFCが生まれた年じゃないか!」とすぐに友達に話を振ってしまいました。

そこで今回は1892年に世界や日本でなにが起きていたのか、というのをご紹介していきたいと思います。サッカー要素はゼロに等しく、非常に申し訳ないのですが、社会や歴史の話になってしまいます。ただ小難しい話もほとんどないので、リバプールFCが誕生した1892年になにがあったのか、少しでも興味があるという方は是非続きをお読み頂ければと思います。

1892年に起きた事の月ごとの流れ
1月:世界で初めてオーロラの写真撮影に成功。
2月:ルイ・ヴィトン(スーツケース職人)死去。
3月:芥川龍之介(小説家)が生まれる。
4月:ゼネラル・エレクトリック社設立。
5月:大阪麦酒会社(現・アサヒビール株式会社)がアサヒビールの販売を開始。
6月:小包郵便法公布。
7月:第一次松方内閣総辞職。
8月:第二次伊藤内閣
9月:現在のボクシングの基礎、クインズベリー・ルールによる試合がスタート。
10月:小包郵便法実施。小包の流通が始まる。
11月:大日本私立衛生会附属伝染病研究所(現・東京大学医科学研究所)設立。
12月:チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」の初演。

月ごとに、日本または世界で起きたことを1つずつ抜き出してみました。この中から5つ、簡単な紹介をしていこうと思います。

1892年2月28日

その名を知らぬ者はいない、超一流ファッションブランドのルイ・ヴィトン。このブランドの創始者である、ルイ・ヴィトン氏が亡くなったのがこの日になります。

1821年にフランスのコンティ地方で生まれたルイ・ヴィトンは、家出をして14歳のときにパリへ。そこで、今でいうスーツケースを作る仕事に就きます。30歳の頃には素晴らしい職人となり、1854年にパリに自分の店を構えます。時代の流れを読む慧眼を持った彼は、馬車から船や機関車が交通手段の主流になると予想し、雨水を弾くための蓋の丸いトランクから、室内で積み上げられるように平らなトランクを作りました。素材も防水加工にするなど、彼の作るスーツケースは軽くて丈夫だと高い評価を得ます。その3年後には息子で、のちの2代目社長ジョルジュ・ヴィトンが生まれます。

彼のスーツケースは国内外で評判となり需要が増えたため、1859年にパリ近郊のアニエール=シュル=セーヌに工場を作り、さらに1885年には国外初のショップをロンドンでオープン。ただ、この頃からルイ・ヴィトンの偽物が出回り始め、以降はコピー商品との戦いの毎日でした。そして1892年に71年の生涯を終えます。

1892年3月1日

小説「羅生門」や「芥川賞」で知られる、作家の芥川龍之介。彼が生まれたのがこの日になります(余談ですが、前述のルイ・ヴィトンとは1日違いかと思いきや、1892年は閏年であるため1日、間があります)。

東京で牛乳販売製造業を営む新原敏三とフクの元に生まれた彼は、7歳の頃に母の実家の芥川家に預けられ、養育されることになります。その後、芥川家の養子となり、姓も芥川と名乗るようになります。1913年に東京帝国大学(現・東京大学)に入学し、在学中に菊池寛や久米正雄らとともに「新思潮」を刊行します。そして1915年に自身の代表作である「羅生門」を発表。同年、夏目漱石の門下となります。

彼の作品はその多くが短編ですが、特に「羅生門」は高校の国語の教科書の題材となっており、皆さんも一度は読んだことがあると思います。1927年に服毒自殺をして社会に衝撃を与えましたが、彼の死後に親友の菊池寛が「芥川龍之介賞」を創設。リバプールFCと同い年の芥川龍之介。なにか本を読んでみようかな、と思ったときは、芥川賞を受賞した本を選ぶのもあり寄りのありではないでしょうか。

1892年4月15日

トーマス・エジソンが設立した電気照明会社が合併を繰り返し、誕生したのがゼネラル・エレクトリック(略称:GE)。世界最大のコングロマリットが誕生したのがこの日です。

〝発明王〟の異名を持つトーマス・エジソン。彼が創業者であるゼネラル・エレクトリック社は、前述の通り世界最大のコングロマリットというだけあって、その事業内容は家電製品、鉄道機器、航空機エンジン、産業用ソフトウェア、重機器、発電・送電、水処理機器、石油・ガス、医療機器、製薬、金融、不動産など数えきれないほどの幅広い分野で業務を展開しています。また、アメリカにおけるGEの歴史は、ダウ平均株価の構成銘柄のうち唯一残存する企業であり、欧米と中国における特許取得数は世界一です。GEの歴史は現代アメリカの歴史そのものと言っても過言ではありません。

日本にも日本GEがありますが、こちらは主に医療、金融、不動産がメインとなっています。典型的な外資企業で実力主義、調べた限りお給料もいいようです(笑)。リバプールFCと同じ年に歩み始めた世界屈指の大企業。転職をお考えのKOPはぜひ一度GEを検討してみてはいかがでしょうか。

1892年10月1日

毎日のように見かける小包。小包と言われてもぱっと思い浮かばないと思いますが、宅配便のお兄さんが持っている段ボール箱や大きめの袋です。この小包の流通が始まったのがこの日です。

6月16日に公布された小包郵便法が、同年10月1日に実施。今日私たち何気なく利用している宅配便のサービスが始まったのが、リバプールFCが誕生した年なのです。余談ですが「宅急便」という言葉はヤマト運輸の商標であり、彼らしか使うことはできません。全体を指す言葉は「宅配便」です。豆知識程度に覚えておくといつか役に立つかもしれません。

1892年12月18日

ロシアの作曲家、ピョートル・チャイコフスキーが作り上げた、バレエ「くるみ割り人形」。マリインスキー劇場にて行われた初演がこの日になります。
「白鳥の湖」と「眠れる森の美女」と並び、三大バレエと称される「くるみ割り人形」。バレエに興味のない方でも、劇中に使用される音楽は多くの方が一度は聴いたことがあると言い切れるほど有名なものばかり。3曲ほど下記にてまとめたのでぜひ聴いてみてください。このバレエは前述の通り、1892年に初演されますが、チャイコフスキーは翌年の1893年に亡くなっています。

「行進曲」
これを聞いたことがない、という方はおそらくほとんどいないと思います。それぐらい有名な曲ですよね。

「金平糖の精の踊り」
神秘的なメロディで、強いインパクトを持つ曲。KONAMIのゲームソフト『とんがりボウシ』シリーズの「ふしぎ時間」というステージのBGMになっているで、ここで聴いたことがある方も多いのではないでしょうか。

「花のワルツ」
バレエ音楽の傑作中の傑作と呼ばれる名曲。ソフトバンクや車のCMなどに使われています。皆さんがよく耳にするのは1:45秒あたりかと思います。

最後に

いかがだったでしょうか? リバプールFCが誕生した1892年に起きた出来事を数個ピックアップしてみましたが、かなり強引だったので自分自身やりすぎたかな、と感じています… なんとなく知識として頭に入れつつ、楽しめて頂けたら幸いです。今後もこのように大小関係なく、リバプールに関わるものも記事にしていきたいと思います。それではまた別な記事で。最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。