【2022移籍市場】リバプールFC 噂の補強リスト ~FW編~

The following two tabs change content below.
コーク

コーク

選手の分析記事をメインに、好きな音楽のネタを絡ませた記事も。ライター名はコカ・コーラから。あと櫻坂46の田村保乃さんのファンです。よろしくどうぞ。

マテウス・クーニャ

画像出典:sport.es

  • 選手名:Matheus Cunha
  • 生年月日:1999年5月27日
  • 所属クラブ:アトレティコ・マドリード
  • 国籍:ブラジル
  • 身長:184cm
  • ポジション:CF, SS, LWG, RWG, AMF
  • 市場価格:€30.00Mill.
  • 契約終了年:2026年6月30日

【一口メモ】ブラジル人、ブンデス産、プレースタイルと、ロベルト・フィルミーノを彷彿とさせるようなプロフィールの持ち主。そういうわけで純粋な9番って感じではないので、リバプールに適したタイプのストライカーと言えるかもしれない。まぁアトレティコに行ったばかりだからしばらくは動かないと思うけど。あとこれは余談だけど、Transfermarktで使われているクーニャの宣材写真がまじで一瞬Earth, Wind & Fierのリーダーだったモーリス・ホワイトに見えるのは俺だけだろうか。いやよくは見ないでほしい。パッと見だから、あくまで。ちなみに俺が一番好きな彼らの曲は『Let’s Groove』です。そしてここまで来ると余談もMAXなんだけど、『Rasputin』を歌ってるときのボニーMは薄目で見るとモハメド・サラーっぽい。あとマジェスティックがリミックスした『Rasputin』がめちゃくちゃかっこいいのでみんなも聴こう。[2022/05/27]

アレクサンダー・イサク

画像出典:scoutedftbl

  • 選手名:Alexander Isak
  • 生年月日:1999年9月21日
  • 所属クラブ:レアル・ソシエダ
  • 国籍:スウェーデン
  • 身長:192cm
  • ポジション:CF
  • 市場価格:€30.00Mill.
  • 契約終了年:2026年6月30日

【一口メモ】各国に1人はいることでお馴染みの「〇〇のズラタン・イブラヒモビッチ」だけど、その中でも「スウェーデンのイブラヒモビッチ」を務める大器。スウェーデンのイブラヒモビッチ、それはもうただのイブラヒモビッチである。多分、「イブラ二世」の方が正しいし、このくだりをやりたかっただけでみんなちゃんとイブラ二世って言ってる。ちなみに顔は阿部寛に似ている気がする。気のせい?2020-21シーズンはリーグ戦で17ゴールを記録し、勢いそのまま昨夏のEURO2020でもそれなりに活躍。しかし、意気揚々と迎えた今季はリーグ戦で6ゴールと大ブレーキ。それでもソシエダはバイアウト満額の8000万€を望んでいるようで、ちょっと今季の成績じゃどこもその額は支払わないでしょうね。あとこれは余談だけど、2021年の冬、アーセナル移籍が噂される中でロンドンに降臨したイサク。当然界隈は「アーセナル移籍か!」と盛り上がったものの、まじでただロンドンに遊び行ってただけだった。[2022/05/27]

これは阿部寛のモノマネをしているイサク(画像出典:plus.tver.jp)

ジョナサン・デイビッド

画像出典:canpl.ca

  • 選手名:Jonathan David
  • 生年月日:2000年1月14日
  • 所属クラブ:リール
  • 国籍:カナダ
  • 身長:180cm
  • ポジション:CF, SS, AMF
  • 市場価格:€45.00Mill.
  • 契約終了年:2025年6月30日

【一口メモ】突然だけど、ジョナサン・デイビッドって顔も名前もNBAプレイヤーっぽくない?ぽいよね?なんなら写真もサッカー以上にバスケやってるみたいじゃない?リーグ・アンでゴールを量産しリバプールが熱視線って言われているけど、所属クラブはあのリールということでちょっと注意が必要か。DF編で取り上げたスフェン・ボットマンでも書いた通り、リールはリバプールの名前をフリー素材だと勘違いしていないと説明がつかないレベルで使いまくっているので、今回もその可能性は否定できない。あとこれは余談だけど、“David”は旧約聖書に登場する王ダビデに由来し、ヘブライ語で「親愛なる人」などといった意味を持つ。[2022/05/27]

ヴィクター・オシメン

画像出典:espn

  • 選手名:Victor Osimhen
  • 生年月日:1998年12月29日
  • 所属クラブ:ナポリ
  • 国籍:ナイジェリア
  • 身長:186cm
  • ポジション:CF
  • 市場価格:€65.00Mill.
  • 契約終了年:2025年6月30日

【一口メモ】俺の推しメンは櫻坂46の田村保乃さんです。いきなりなにって話かもだけど、アイドル好きな人間が“オシメン”なんて名前の選手を書くとなれば、そりゃこうなるだろ。これは俺にその隙を与えたオシメン側に全面的な非があると言わざるをえない。そんなオシメンの個人的な印象は、彼も所属していたリールの偉大なる先輩ディヴォック・オリギの強化版(あるいは、ラミ〇・フネス・モリに壊されなかった世界線のオリギ)といったところ。パラメーター的には全方位が強化されてるんだけど、数字には現れない不思議な魔力は持ってない。なんかオリギが出てくると全部そっちに持ってかれるけど最後は景気よく推しで終わりたい。とりあえず凄い特技を披露する保乃を貼っとくから全人類見てくれ。[2022/05/27]

ジョアン・フェリックス

画像出典:bbc.co.uk

  • 選手名:João Félix
  • 生年月日:1999年11月10日
  • 所属クラブ:アトレティコ・マドリード
  • 国籍:ポルトガル
  • 身長:180cm
  • ポジション:CF, SS, LWG, RWG, AMF
  • 市場価格:€70.00Mill.
  • 契約終了年:2026年6月30日

【一口メモ】前目のポジションならどこでもプレーできるけど、持ち味を発揮するなら中央での起用がベストであろうフェリックス。フィルミーノの役割を託しうる選手だが、彼に比べてフェリックスのピッチ上の振る舞いからは「自分が主役である」といった趣が感じられ、それの善し悪しはさておき、リバプールのゼロトップ役として(能力的には十分なのだが性格的に)相応しいかどうかと言われれば微妙なところ。いってみればモハメド・サラーの黒子役として徹することが今のフェリックスにできるかは疑問、という話である。個人的にはメガには届かないアトレティコぐらいのクラブで王様をやっているのが一番幸せなんじゃないかという気がしている。あとこれは余談だけど、“Felix”という名前の由来はラテン語で、「幸運」や「肥沃」といった意味を持つ。そっからすでにスター感が凄い。[2022/05/27]

クリストファー・エンクンク

画像出典:netsport

  • 選手名:Christopher Nkunku
  • 生年月日:1997年11月14日
  • 所属クラブ:RBライプツィヒ
  • 国籍:フランス
  • 身長:175cm
  • ポジション:SS, LWG, RWG, AMF
  • 市場価格:€80.00Mill.
  • 契約終了年:2024年6月30日

【一口メモ】俺が初めて彼を知ったとき、PSGのサポーターからはあまりの小ささに“チビンク”と言われていたのが印象深い。トップチームに呼ばれるようになった18歳の頃は160cmにも満たず(これは日本男児の13~14歳くらいの身長)、そりゃチビと言われるのも然もありなん。しかもPSG時代のメインポジションはCMFであり、右SBで起用されることも稀にあった。そんなチビンクが今では175cmまで身長が伸び、ドイツで公式戦51試合に出場し35G/20Aを記録してしまうような危険なアタッカーに化けるんだから分からないよねー。たしかに前目のポジションで起用されることもあったけど、まさかこういう選手になるとは。ただ使い方に工夫が必要なタイプだと思うので、どこが獲得しても年間50ゴールに直接絡むような選手ではないだろう。リバプールで見たいみたい気持ちはあるんだけど、絶妙にマッチしない感じもある。あとこれは余談だけど、PSG時代にシュートをゴールライン上で味方にクリアされるという超絶レアな経験をしている。人生では時に優しさが仇になることもあるよね。[2022/05/27]

ハリー・ケイン

画像出典:sportingnews

  • 選手名:Harry Kane
  • 生年月日:1993年7月28日
  • 所属クラブ:トッテナム
  • 国籍:イングランド
  • 身長:188cm
  • ポジション:CF, SS
  • 市場価格:€90.00Mill.
  • 契約終了年:2024年6月30日

【一口メモ】降って湧いたように出てきたハリー・ケインとリバプールのただならぬ噂。いや冗談でケイン連れて来いよとか言ったことはあるけど、まさかまじで話してるとは思わないじゃん。まぁでもね、これがリバプールに来るなんて“クラブの手違い”でもないとありえないからね。そういうありえないことが起きるのが移籍市場なんだけれど。ちなみに今のところ「ハリー・ケイン?笑笑」とお高くとまっている俺だけど、手首の柔軟性には絶対の自信を持っているのでなんかの間違いでケインがリバプールに来てしまったら流石に嬉しすぎてどうにかなってしまうかもしれない。別に好きな選手ってわけではないんだけど、「こういう選手がリバプールに来るのか!」みたいなね。純粋な9番というわけでもなく10番の要素も兼ね備えた万能な選手なので、リバプールのCFでも十分に機能するだろうし。とはいえスパーズが今季のリーグ戦をCL圏内で終えなければまだ踊れる可能性あったかもだけど、アーセナルがお笑いフィニッシュをしてくれたおかげでこの話は霧消する未来が俺には見える、カタクリなので。[2022/05/27]

キリアン・エンバペ

画像出典:@KMbappe

  • 選手名:Kylian Mbappé
  • 生年月日:1998年12月20日
  • 所属クラブ:パリ・サンジェルマン
  • 国籍:フランス
  • 身長:178cm
  • ポジション:CF, SS, RWG, LWG
  • 市場価格:€160.00M
  • 契約終了年:2022年6月30日

【一口メモ】いや、今夏のリバプール移籍とか天地がひっくり返ってもありえないからここに名前を載せること自体ちゃんちゃらおかしいんだけど、ラストだしオマケ感覚で。いやまずなにが面白いって、リバプールも案の定エンバペの獲得に動いてたことだよね。「PSGとレアル・マドリードだけではなく、クロップともリバプール移籍について話していた」って。PSGとマドリーがエンバペを巡ってドンパチしている中、ワンチャンないかと頑張ってみるリバプールの健気さに私は涙が止まらない。でも逆にいえば誰もが「99%マドリー行き、そうじゃなきゃPSG残留」と決めつける中で第3の可能性を求めて立ち向かっていくリバプールは男の中の男といえるのではないか。どこぞのYouTuberよりよっぽど自らの手で道を切り拓こうとしている。そんで死ぬほど面白いのはエンバペのマッマがリバプールを愛していたという衝撃的な事実。これソースどこだよと思ったらエンバペ本人が明かしていてぶったまげましたね。まさかエンバペがリバプールで夢を叶えるべき理由を持っていたとは。残念ながらマドリーのファンは君を永遠にマドリーに来させないと絶叫しているので、新たなステージはリバプールです。それまで、お元気で。[2022/05/27]

おわりに

ただただ俺が余談を話したいがために書いたリバプール移籍の噂をまとめた全3記事はいかがだったでしょうか。ちなみに個人的なお気に入りはスターリングの項です。もし「この選手のところが面白かった」みたいものがあれば大々的にでもこっそりでもかまいませんので教えてくれると次に書くときの参考になるのでよろしければ。

他に噂が出ている選手がいたら随時足していきたいと思います。例によって過去に書いたけど今はリバプール移籍の噂が沈静化したりなくなった選手については次ページ以降に残してあるので、暇で暇で仕方がないという人はそちらもぜひ。最後までよくこれにお付き合いしていただきました。それではまた別な記事で。

LFC公式オンラインストア


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA