【2021移籍市場】リバプールFC 噂の補強リスト ~FW編~

The following two tabs change content below.
コーク

コーク

選手の分析記事をメインに、好きな音楽のネタを絡ませた記事も。ライター名はコカ・コーラから。あと櫻坂46の田村保乃さんのファンです。よろしくどうぞ。

こんにちは、コークです。リバプール移籍の噂があがった選手を余談ベースでまとめていくシリーズも最後になります。まずは自分を褒めてあげたい。そして次に謝りたい。サムネイルの人選、えぐいメンツですよね。でもね、誰一人リバプールに来るとは思っていません。

じゃあなんでサムネに採用したんだよ、というお言葉はごもっともです。ただクリックしてほしいな~、という気軽な意思でやってしまいました。「飾りじゃないのよ涙は」ならぬ「飾りじゃないのよサムネは」です。だって、こいつらがサムネにいたらクリックしたくなるでしょ?タイトル詐欺は好ましいと思っていませんが、サムネぐらいならいいかなって。話の着地点が見つからなくなってきたので、ここは河田陽菜さんに免じて許してください。

画像出典:「日向坂で会いましょう」

MF編とDF編はこちらから↓

【2021移籍市場】リバプールFC 噂の補強リスト ~MF編~

2021.08.01

【2021移籍市場】リバプールFC 噂の補強リスト ~DF編~

2021.05.24

それとFWの補強に関しては以前別な記事で考察しているので、そちらも併せて読んでいただけると嬉しいです。

そろそろFWどうにかしなくちゃ? フィルミーノに代わるストライカーは必要か

2021.04.30

選手の基本データはドイツの移籍情報サイト「Transfermarkt」を参考にしています。名前の青くなっている部分をタップするとその選手のページに飛ぶので、その選手のことをより詳しく知りたい場合はタップ推奨。また、一口メモの最後に書いてある日付は、その選手について記載した日を表しています(選手によって、記載した日が違うため)。

それでは行ってみましょ~。

イスマイラ・サール

画像出典:famousbirthdays.io

  • 選手名:Ismaïla Sarr
  • 生年月日:1998年2月25日
  • 所属クラブ:ワトフォード
  • 国籍:セネガル
  • 身長:185cm
  • ポジション:RWG, CF
  • 市場価格:€20.00M
  • 契約終了年:2024年6月30日

【一口メモ】彼もまたリバプールが強い関心を持っていたとされるWG。ただ、ワトフォードの要求額(報道では4000万ポンド)があまりにも高額で手を引いた。実際それだけの額が見合う選手なのかは個人的にはやや疑問で、また、サディオ・マネやモハメド・サラーと同じアフリカンというのも引っかかる。別のポジションの選手であればまだしも、CANが開催される際に彼らと同じタイミングで抜けてしまっては正直元も子もないのではないだろうか。あとこれは余談だけど、ワトフォードのユニフォームのデザイン、某国から怒られなかったのだろうか? [2021/05/26]

ジェレミー・ドク

画像出典:sport.fr

  • 選手名:Jérémy Doku
  • 生年月日:2002年5月27日
  • 所属クラブ:レンヌ
  • 国籍:ベルギー
  • 身長:171cm
  • ポジション:RWG, LWG
  • 市場価格:€26.00M
  • 契約終了年:2025年6月30日

【一口メモ】傑出したスピードとドリブルスキルを誇る“ネクスト・アザール”。15歳の段階でリバプールは獲得を試みていたが、彼は自分のキャリアを考え、すぐにビッグクラブに行くのではなく、まずはアンデルレヒトに留まるという選択をした。さらに昨夏には育成に定評のあるレンヌにステップアップし、順調に経験を積んでいる。もちろんリバプールは今も関心を失っていないし、素晴らしいプロスペクトとして獲得のタイミングを伺っていると思う。それが今夏かと言われれば微妙だけど、このままいけば近いうちにレンヌに正式なオファーを出すだろう。ちなみに、リバプールに勧誘された際、母に「これで僕たちの生活は豊かになるよ!」と言ったらしい。いつかリバプールで夢を叶えてほしい。  [2021/05/26]

アダマ・トラオレ

画像出典:en.as.com

  • 選手名:Adama Traoré
  • 生年月日:1996年1月25日
  • 所属クラブ:ウルヴス
  • 国籍:スペイン
  • 身長:178cm
  • ポジション:RWG, CF
  • 市場価格:€30.00M
  • 契約終了年:2023年6月30日

【一口メモ】脳筋と言えばアダマ・トラオレ、アダマ・トラオレといえば脳筋。脳筋という言葉これ以上似合う選手はいないんじゃないか?見ていて楽しい選手だけど、自分の応援しているチームに欲しいかと言われたら全然そんなことはない(個人の見解です)。ユルゲン・クロップが彼のファンらしいけど、これ逆に安心するよね。その理由じゃフロントが獲得にゴーサインを出すわけがないんですよ。これ逆だったら俺はなにも信じられなくなるところでした。噂の根拠が「クロップがファン」だけでよかった。彼にはずっとウルヴスぐらいの規模のクラブで暴れ回って他サポから「おーおー、好き勝手やりなさる」と思われていてほしい。[2021/08/04]

ジャロッド・ボーウェン

画像出典:whufc.com

  • 選手名:Jarrod Bowen
  • 生年月日:1996年12月20日
  • 所属クラブ:ウェストハム
  • 国籍:イングランド
  • 身長:175cm
  • ポジション:RWG
  • 市場価格:€30.00M
  • 契約終了年:2025年6月30日

【一口メモ】望遠鏡を担いだり覗き込んだりしていそうな名前のイングランド人アタッカー。立ち位置的には3トップのバックアッパーであり、ジェルダン・シャキリのリプレースだろう。個人的に、将来的に3トップに取って代わるような選手になるとはあまり思えない。ホーム・グロウンであるがゆえに非HG枠を消費しないのはメリットだが、HGであるがゆえに移籍金が割高になってしまうのはデメリット。あとこれは余談だけど、“Bowen”はボーエンと発音することもあり、実際にボーエン病(Bowen病)なるものがある。望遠鏡ネタもあながち間違いではなかった。ってか望遠鏡とボーエン病で韻が踏めるよね。[2021/08/04]

ハフィーニャ

画像出典:sportsbeezer.com

  • 選手名:Raphinha
  • 生年月日:1996年12月14日
  • 所属クラブ:リーズ
  • 国籍:ブラジル
  • 身長:175cm
  • ポジション:RWG, LWG
  • 市場価格:€30.00M
  • 契約終了年:2024年6月30日

【一口メモ】リーズでセンセーショナルな活躍を披露しているブラジリアン。ちなみにロナウジーニョと同じポルト・アレグレ出身。彼の魅力はなんといってもその圧倒的な走力で、強度の高いスプリントを連続して繰り返すことができる。キックの質も高く、左利きということもあって個人的にはアンヘル・ディ・マリアっぽさを感じている。あとこれは余談だけど、なんで“ラフィーニャ”ではなく“ハフィーニャ”なのかと思っている人も多いことだろう。超簡単に説明すると、ブラジルのポルトガル語では“R”をラ行ではなくハ行で発音することが主流であり、そこに加えて近年、日本でも現地に沿った呼び方にしようという動きによって、なんかこうなったのである。でもロナウジーニョを今さらホナウジーニョとは呼べないよね。 [2021/05/26]

ドメニコ・ベラルデイ

画像出典:goal.com

  • 選手名:Domenico Berardi
  • 生年月日:1994年8月1日
  • 所属クラブ:サッスオーロ
  • 国籍:イタリア
  • 身長:183cm
  • ポジション:RWG
  • 市場価格:€35.00M
  • 契約終了年:2024年6月30日

【一口メモ】2019年に「どこでも自由に選べるなら、リバプールでプレーしてみたい」という発言でリバプール界隈をざわつかせたイタリアン。サイズがあり、フィニッシャーとしての性能は高い。ただ、イングランドで成功できるかどうかと言われるとタイプ的に微妙そうではある。それと、彼にはサッスオーロでこのままプレーし続けてほしいという気持ちもなんとなくあったりする。あとこれは余談だけど、ミラン・キラーとして有名。本田圭佑がミラン・デビューを飾った試合で19歳ながら1人で4点を叩き込んだり、別な試合でハットトリックした後「毎回ミランと戦えたらいいんだけどね」的なことを言ったりしている。[2021/08/04]

ペドロ・ネト

画像出典:lastwordonsports.com

  • 選手名:Pedro Neto
  • 生年月日:2000年3月9日
  • 所属クラブ:ウルヴス
  • 国籍:ポルトガル
  • 身長:172cm
  • ポジション:RWG, LWG, CF
  • 市場価格:€35.00M
  • 契約終了年:2025年6月30日

【一口メモ】ディオゴ・ジョタの補強が大成功だったということもあってかKOPからの人気が(体感だけど)とても高いポルトガル・ザ・マン。両翼に加えて2トップの一角としてもプレーできる。ここらへんもジョタっぽい。個人的に彼にはとても惹かれているし、リバプールが獲ってくれたら嬉しいけど、残念ながら4月に全治半年とされる大怪我を折ってしまい、今夏の移籍はほぼなくなった。あとこれは余談だけど、“Neto”はポルトガル語で“孫”って意味らしい。孫正義的な?リバプールで活躍して、孫の代(2066年ぐらい?)まで語り継がれるような選手になってほしいと感じている。 [2021/05/26]

(ちなみにこの曲を貼りたかっただけ)

ジョバンニ・レイナ

画像出典:transfermarkt.com

  • 選手名:Giovanni Reyna
  • 生年月日:2002年11月13日
  • 所属クラブ:ドルトムント
  • 国籍:アメリカ
  • 身長:185cm
  • ポジション:RWG, LWG, AMF
  • 市場価格:€38.00M
  • 契約終了年:2025年6月30日

【一口メモ】ドルトムントが抱える超絶優秀な若手の一人。アメリカ人ってこともあってFSG的には彼が宝石のように見えていそう。ただ、今すぐ獲得するかと言われれば微妙。そもそもこれから価値が何倍にもなりそうな選手なので、ドルトムントがまだ売りに出さないだろう。あとこれは余談だけど、彼の名前は父クラウディオのレンジャースのチームメイトだったジョバンニ・ファン・ブロンクホルストから名付けられたらしい。生まれは当時クラウディオがプレーしていたこともあってサンダーランドだったりする。 [2021/05/26]

ルーカス・オカンポス

画像出典:as.com

  • 選手名:Lucas Ocampos
  • 生年月日:1994年7月11日
  • 所属クラブ:セビージャ
  • 国籍:アルゼンチン
  • 身長:187cm
  • ポジション:RWG, LWG
  • 市場価格:€40.00M
  • 契約終了年:2024年6月30日

【一口メモ】ミランにいそうでいた選手。セビージャが南野拓実に興味を持っている、というところからオカンポスとのトレード、というとんでもない方に話が行った。これあれだろ、「セビージャが南野に興味を持っている」って記事を読んだどっかの誰かが「じゃあオカンポスと交換な!」ってツイートしたらそれが記事になっちゃったパターンだろ。知らんけど。個人的には27歳を迎えるアタッカーを今さら高額な移籍金を支払って獲得するってことはないんじゃないかなーと思ったりしている。[2021/05/26]

ウスマン・デンベレ

画像出典:skysports.com

  • 選手名:Ousmane Dembélé
  • 生年月日:1997年5月15日
  • 所属クラブ:バルセロナ
  • 国籍:フランス
  • 身長:178cm
  • ポジション:RWG, LWG, CF
  • 市場価格:€50.00M
  • 契約終了年:2022年6月30日

【一口メモ】凄い選手なのは間違いないんだけど、パーソナリティの面でけっこう問題がある。獲得するとすれば移籍金も莫大だろうし、リバプールが本当に欲しているのかとなるとちょっと疑問。ただ当のユルゲン・クロップ本人が気に入っているらしく、自分なら改善させられると考えているのだろうか?まぁでもこういう選手はね、他のとこにいるから面白いんだよ。多分、自分の好きなクラブに来ると大変な目にあう気がする。あとこれは余談だけど、彼の愛称は“エル・モスキート”。なぜ蚊呼ばわりされているのかは本人も分からないらしい。プレーしてる姿からとかそんなとこだろうけど、それにしても失礼な気がしないでもない。 [2021/05/26]

キングスレー・コマン

画像出典:bayernstrikes.com

  • 選手名:Kingsley Coman
  • 生年月日:1996年6月13日
  • 所属クラブ:バイエルン
  • 国籍:フランス
  • 身長:180cm
  • ポジション:RWG, LWF
  • 市場価格:€65.00M
  • 契約終了年:2023年6月30日

【一口メモ】降って湧いたようにリバプール移籍の噂が浮上したかと思えば、一瞬にしてその話がなくなったなんだかよく分からない人。まさしく急激にコマンであった。コマンぐらいの選手になっちゃうと連れて来て「控えよろしくね」っていうわけにもいかないし、かといってレギュラーを託せるレベルの選手なのかって言われたらそうでもないし。ちなみにバイエルンの要求額は1億ユーロでした。とてもチアゴ・アルカンタラを2000万ユーロぐらいで譲ってくれたクラブとは思えません。君らの選手の評価基準どうなってんねん。あとこれは余談だけど、ルーツはギニアにある。ギニアで怪我がちってだけでなんかもうお腹いっぱいです、はい。[2021/08/04]

ブカヨ・サカ

画像出典:skysports.com

  • 選手名:Bukayo Saka
  • 生年月日:2001年9月5日
  • 所属クラブ:アーセナル
  • 国籍:イングランド
  • 身長:178cm
  • ポジション:RWG, LWG, AMF, LSB
  • 市場価格:€65.00M
  • 契約終了年:2024年6月30日

【一口メモ】リバプールには「なにがなんでもサカを引き抜く」という強い意志を見せてほしかった。チーム事情によって左SBとして出場していた頃、(その時点では契約期間が2021年までということもあり)リバプールは欲しがっていた。ただ結局契約延長してしまい、7番も与えられ、今ではすっかりアーセナルの攻撃の核である。よほどのことがない限り動かないだろう。あとこれは余談だけど、名前の“Bukayo”は“幸せを足す”という意味で、これは彼の両親の出身であるナイジェリアのヨルバ族でよく使われている名前らしい。リバプール・サポーターに幸せをもたらす気はないか? [2021/05/26]

フェデリコ・キエーザ

画像出典:calciotoday.it

  • 選手名:Federico Chiesa
  • 生年月日:1997年10月25日
  • 所属クラブ:ユヴェントス
  • 国籍:イタリア
  • 身長:175cm
  • ポジション:RWG, LWF, CF
  • 市場価格:€70.00M
  • 契約終了年:2022年6月30日

【一口メモ】イタリア人にしては傑出したパワーとスピードを誇る馬力が桁違いのモンスター。端正な顔立ちをしておきながら、そのプレーからは「殴って殴ってそれでもダメならまだ殴る」といった趣を感じる。個人的にかなり好きな選手で、ユヴェントスに行ったときはフィオレンティーナのファンでもないのに落ち込んだ。リバプールに「キエーザに行け!行くんだ!」と心の中で何度も唱えていたのに、残念ながら俺の気持ちは届きませんでした。今さらキエーザ欲しいってなっても無理に決まってるだろ馬鹿。キエーザのリバプール移籍が噂された際のファンの反応が「来るわけないだろ」「逆になんで獲れると思ってしまったのか」「リバプールにキエーザを獲得できるほどの金はないからユヴェンティーノには安心してほしい」といったものばかりで誰もキエーザ獲得報道を信じていなかったのが大変面白かったです。ってかそもそも本人にイタリアを離れる意思がなさそうだしなぁ。あとこれは余談だけど、“Chiesa”はイタリア語で「教会」という意味。英語の“Church”と同じ。 [2021/08/04] 1

1

ここまではワイドが主戦場のウイングを紹介しましたが、次ページからは中央が主戦場のストライカーたちになります。

LFC公式オンラインストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA