【リバプール現地レポ】行ってきました!CLファイナル!

The following two tabs change content below.
ITATSU

ITATSU

リバプールFCとリバプールFCのファンのファンです。 リバプールFCにまつわるいろいろを自分らしく書いていこうと思います。

どこもかしこも宴

さあ最後の会場マヨール広場(Plaza Mayor)!

その昔もサッカーが開かれていたほか闘牛、処刑場にもなっていたという歴史ある広場。
そこもUEFAチャンピオンズリーグが占拠!

かなり広めの会場です。

Hotels.com とSantanderのブース

チャンピオンズピッチと銘打たれたフットサルコート。レジェンドたちのプレーを観たり、一般参加も可能だったようです。

せっかくだから何かブースに入りたい‥

あまり待機列が並んでいなかったのは…

我らがPlayStation!!

一部イタツの知人周りでは「あいつマドリード行ってまでFIFAやってるのかよ」と大不評でしたが苦笑。

ちゃんと勝ってきました!早く切り上げたい気持ちもありましたけど、失点する度、なにくそ!と思って食い下がっちゃいました!しかも洋ゲー設定の□と〇が逆になっているハンデを乗り越えての価値ある勝利!(わかる人わかって…)

 

さてそんなこんなでマヨール広場も後にします。

とにかく酒盛り

僕がもう一つ楽しみにしていたメインイベントに移動します!

そのイベントが何なのか説明する前に移動中も色々面白いのでご紹介。

女子と仲良くなれて嬉しい系おじさん

地面を見るとDon’t buy the S*nのステッカー。とにかくシールを貼りまくるのも遠征特のあるある笑

 

そして現地醍醐味の一つと言っていいと思います。「移動中に騒ぐサポーター!」

大騒ぎ笑

電車内でもKOPとおしゃべりしたり、スパーズファンに「ソンみたいな顔なのにリバプールの服着てる!」と指をさされたり楽しい雰囲気でした。

“ソン”なこんなで駅に到着!

 

本気のKOPがそこにはありました

大混雑!

そしてリバプールファンゾーンの看板

 

私が楽しみにしていたイベント、それは…BOSS Night!

もう説明不要ですね、リバプールファンの音楽(チャント)イベント!
(説明不要といいつつ、ラボの解説記事を置いておきます。)

【KOP達が熱唱】リバプールFCファンイベント「BOSS Night(ボスナイト)」とは

2019.05.17

 

その集大成ともいえる、かつてない規模で行われることとなった今回のBOSS Night in Madrid!
現場はものすごい雰囲気!

本当に暑い

人が密集!さらに熱い!

 

オリギ

NaNaNaナビ・ケイタ♪

写真もこんな感じ。

やぐらまである

子供も発煙筒

異様な空気感

木に登る人まで笑

前の方に進むも…

この辺りが限界?

 

人の海、厳しい日差し、アルコールでべたつき、割れたビンの破片が散乱する地べた。
まさにカオス。

照り付ける太陽と音楽。夏のロックフェスのような雰囲気でした。
しかもオンリーリバプールのフェス。
最高じゃないわけがありません。

ご覧になった方も多いかと思いますが、上からの光景がすさまじいです。

ロイター通信が思わず600万人と報じたのもうなずけます、(さすがに誤報でしょうが)

 

決戦の舞台へ…

さあついにメトロポリターノへ!!

最寄り駅

天気よすぎ…

スタジアム!こちらもいろんな人がいます。ま、マラドーナ…?

スタジアム正面はただただ更地。砂漠かここは。

うじゃうじゃ

新しいだけあってフォルムが美しい近未来的な外観です。

試合を見に来た人、チケット難民、警官隊!

「I NEED TICKTET」と書かれた紙を持っている人にいろんな人が話しかけていきます。

チケット持ってないのにチケット持ってないかと話し合います。ここもカオス。

チケットはあきらめて駅に戻ろうとしたのですが、試合時間が近づくと通行規制が施され、リバプールのユニフォームを着ているだけで、「駅に戻るな!」

このまま電車にも乗れず試合をテレビで見る事すらかなわないのか、と少し心配しながらさまよっていると…

チームバス入場に遭遇!

こちら側からは何も見えませんが、これはラッキーでした。
かなり遠回りをし、駅に戻ることができたので急いで中心部に戻ります。
歩き回ってなんとか試合を見れるパブ(バル)を確保!

こちらには両チームを応援する人々が少数ずついる程度で割と落ち着いており、疲労していた私にはちょうど良かったです。

結果は…

ご存知の通り、リバプールFCの勝利!!!

Embed from Getty Images

居合わせたオーストラリア人のKOPたちと喜びを爆発させました!
前の方にいた白い人々はスパーズを応援していましたが、試合終盤負けを覚悟すると

「アラ マドリ―!」と叫び始めました笑

マドリディスタだったんですね笑

さあ街はどうなっているのか!繰り出してみます!

がその道中でも案の定サポーターに出くわすわけです。

 

優勝を噛みしめるKOP達!

そして本弾丸旅行のMVPも誕生しました。

ソル広場はどうなっているかというと…

 

 

リバプールサポーター達が大騒ぎ!(スタジアム行ってた人はまだつけないはずなのですが笑)

夜のライトアップが綺麗

ヨーロッパチャンピオンですから騒ぐのも仕方ない⁉

勝利の後なおのこと美しいです

夜2時です。

仕方ありません。

 

こうして興奮とともに夜は暮れていきました。

 

この旅と勝利を振り返って…

********さいごにそれっぽいまとめ********

チャンピオンズリーグは世界最大の舞台だとずっと思ってきました。

過去数年間、レベルの高いプレー、そこに隠れる戦術の奥深さ、数々の人間ドラマを映像や記事で楽しんでいましたがそこにリバプールはいませんでした。

私にとってここ10年は、バイエルンとバルセロナに追いつかれた10年とも言えます。(CLの優勝回数5回に並ばれました。)

その覇権を奪い返すと言わんばかりにこの舞台に出て、活躍をする意味。私にとっては大きすぎました。

昨年もこういった想いからローマに飛んだわけですが、その後、決勝戦への憧れもなおの事湧き、今回も我慢ならず飛んでいきました。

(『行くことができた』ですね。幸運です。休みをくれた会社と職場の人ありがとう!)

多くのばか騒ぎするサポーターを目の当たりにし、その雰囲気に交じり、大好きなチャンピオンズリーグを一員として楽しむことができた喜びがあまりに大きく、
試合をスタジアムで観られなかった悲しさはありません。(もしも負けていたら、とか言うことは知りません。)

なんだか、僕はリバプールFCのファンというだけでなくもはや「KOPのファン」なのかもしれない、とすら思います。
あの準決勝の大逆転劇を呼び込むようなすさまじい雰囲気を作り出す熱のあるKOP。

その彼らが喜ぶ様を観たいし、一緒に喜んでみたい。色々な面白いKOPを見てみたい笑
リバプールFCを追いかける事、そのファンでいる事、本当に色々な楽しみがありますが、
ファンとのつながり・絆も大きな部分を占めるんじゃないかと思います。

そんな現地に行って初めて気づいたこと、現地に行ったことのある人たちは「そうだよねぇ」と思いながら見てくださったなら嬉しいです。
行ったことのない人、若い人にはぜひ現場に行ってこの味わいを楽しんでほしいし、
リーグ最終戦やカップファイナルなど優勝がかかるような機会は、お勧めです。ぜひ飛んで行ってみてください!

たかが海の向こうのサッカーチームの事ですが、本当に色々な感情を与えてくれていると思います。ありがとうリバプール!
そして、おめでとうリバプール!

みんなおめでとう!

 

KOP狂騒曲よ永遠に…

 

【KOP Night TOKYO】初開催リアルドキュメント~日本人KOP感動の大熱唱

2019.06.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA