もりしんさん「町クラブの指導者として働いてます」(ライターインタビューvol.16)

icon_morishin
The following two tabs change content below.
LFCラボ

LFCラボ

リバプールFCラボの管理人です。

今回は、町クラブ指導者として働かれているもりしんさんにインタビューをしてきました!

LFC Lab
もりしんさん、まずは簡単に自己紹介をお願いできますでしょうか!
もりしん
皆さんはじめまして‼︎ もりしんと申します。 現在は町クラブで指導者として仕事をしております‼︎ この4月に転職をするのですが…(笑)

リバプールを知る切掛けとなったのは、親戚にジェラードにそっくりの子がいまして、たまたまその年が2005年のトヨタカップ‼︎ あのスーパーボレーを見て衝撃を受けましたね‼︎ 親戚とジェラードのスーパーボレーのお陰でリバプールを見るようになりましたね‼︎

LFC Lab
ありがとうございます。4月に転職をされるのですね!町クラブの指導者ということはかなりサッカーに精通されているかと思うのですが、次はどんな職業につかれるのですか??
もりしん
精通ってほどでもないですけど、フットボールのフッぐらいは弁えているつもりです…!

1度サッカー業界からは離れようと思っています‼︎ 僕自身、考えたり分析したり書いたりするのが好きなので、webマーケティング関連でライターとして働こうと思っています。 最終的にはサッカーに関する情報や書籍、海外の知識などを広める活動をしたいと思っています‼︎

LFC Lab
既に考察に溢れる記事をご投稿くださっていますが、是非、戦術や指導のセオリーについてお聞かせ頂きたいです。

ライターに転身されるのですね。新たなチャレンジになるかと思うのですが、応援しております。将来もりしんさんが有名になられた際にはラボでも特集組ませて頂きますね!(笑)

もりしん
僕の戦術やセオリーは基本的にポゼッションを採用しており、幼稚園の段階からポジションや役割など決め簡単な戦術など教えています‼︎

低学年の段階では学年の色に合わせて攻撃時のシステムを2つこなせるよにしたり、ポジションに関する深い知識を与えたり、高学年になれば攻撃時と守備時にはシステム変更を行ったりプレーサイクルを教え攻守にわたって効率よくプレーが出来るよう指導するようにしています‼︎

中学生に関してはジュニアで培った技術や知識に更に磨きをかけどんな環境に行っても対応出来るように指導をしています。

日本ではジュニア年代から戦術を教えるのはダメみたいな風潮がありますが、僕自身は教えない方が子供達の為にならないと思っていて、世界では18、19でCLに出て注目を浴びている選手がいたり、ビッククラブで活躍している選手が沢山います。 そこの差を少しでも埋めていく為には幼少期の段階から少しずつ戦術メモリーを積み重ねていかないと、追いつく事のできない距離だと思っているんです!

是非特集を組んで下さい(笑)。

LFC Lab
今の日本の指導環境だと戦術メモリーの蓄積がどうしても浅くなってしまい、世界に太刀打ちできないということですね。

既に記事コンテンツが1つできてしまいそうな、ご回答ありがとうございます!「指導」についてのお話は私自身未知の領域なので非常に興味深いです。

特集承知しました!(笑)

もりしん
はい‼︎ その通りなんです‼︎ どうしても日本は個が優先されてしまうので。 指導現場の現場についても書いてみたいと思います!
LFC Lab
指導現場については、足を踏み入れたことがある方でないと中身が本当に見えないので非常に興味のあるテーマです。
もりしん
日本は海外みたいにビッククラブがないのでどうしても、良くも悪くも指導方法やプレースタイルが沢山あるのが現状です。 その中で自分自身が感じていることなどお話出来ればな〜と思います!
LFC Lab
その辺りの知見が体系的に纏められたコンテンツが世の中的にも少ないと思うので、首を長くして待っております!
もりしん
僕からの視点なので賛否両論があるかもしれないですが、僕が体験してきたことを発信出来ればと思います‼︎
LFC Lab
鋭い主張には批判もつきものですからね!(笑)
もりしん
そうですね‼︎(笑)。わかっていながらも、つい言ってしまうところがあるので悪い部分だな〜〜と思ってます(苦笑)。
LFC Lab
ぜひ、ラボに議論を巻き起こしてください(笑)。
もりしん
炎上しない程度に発信させていただきます‼︎(笑)
LFC Lab
炎上ギリギリの発言楽しみにしております(笑)。

ところで、もりしんさんは普段、リバプール以外の他のチームも含め俯瞰的に試合を観戦されていると、事前情報として伺っておりますが、今のリバプールのことをどんなチームだと捕らえられていますか?

もりしん
クロップ体制というだけあって、ゲーゲンプレスを活かすためにボールを保持しゲームを組み立ていく方向なんだなーと感じています‼︎ DF面やプレスの掛け方など徹底してトレーニングを積んでいるんだなというのが見え流石がクロップだなと思いました‼︎

ただ一点気になったのが奪った後どーするのかという部分がまだ統一されていないような気がします。 前回のスパーズ戦の前半のようにバッチリハマれば優位に進めることが出来ると思うんですが、後半のスパーズの修正に対して、なかなか対策を打てず意味があるような無いようなボールが増えていたのが課題なんじゃないのかなーと思っています‼︎ クロップ程の名将にあーだこーだと言える立場ではないんですが…(笑)。

LFC Lab
クロップリバプールについては、奪った後のプレーに向上できる余地があるのではないかと、そういうことですね。これは選手層の問題なのでしょうか?それともクロップの指導が浸透しきっていないのでしょうか?
もりしん
そうですね‼︎ そこの質をもっと向上させていけばより上にいけると思いますし、より魅力的なサッカーになると感じています‼︎

僕自身は両方の要素があると思っていて、その中でも選手層の原因が多いと思います‼︎ 普段からリーガ・ブンデス・プレミアと3つのリーグを見て思うのは、ポゼッションという1つの要素を取り上げても、様々な捉え方や表現のしかた選手の起用のしかたがあります。

今のリバプールに関してはゲーゲンプレスを主軸とした機動力のある選手配置になっていると思うので、奪った後どうするのかという細かい約束事が共通理解として浸透しきっていないという部分と選手の特質上、細かい部分を表現するのが難しいところもあるのかなと思います。

LFC Lab
確かに、単純な枚数だけで見てもシーズン通して戦う上でのギリギリの人数しかいないのですが、クロップのサッカーにはまらない選手も数名いるので、穴が空いてしまうのは仕方ない感もあります。
もりしん
色んなタイプや特徴がある選手を考慮したりクラブとして運営資金をどこまで使えるのかなど、色んな事を踏まえてどんな方向性でいくのかを考え、表現していくことが大事だと僕は感じますねぇ‼︎
LFC Lab
なるほど。おっしゃる通り、クラブとして一貫性を持って、資金と折り合いをつけつつ計画を立て実行していくことが大事ですよね。
もりしん
プロのレベルになるとこんなサッカーがしたいんだ‼︎ だからこんな選手がほしいんだ‼︎ という事だけで出来ないのが現実なので、全ての面を考慮した上でマネージメントしてくべきですよね‼︎
LFC Lab
資金力でねじ伏せるタイプのクラブ以外は、中長期な視点でのクラブマネジメントが必要ということですよね。リバプールは必須ですよね。
もりしん
その通りです‼︎ しかし毎年上位で終えれているのは凄いことだと思います‼︎ なにかもぅ1つ2つアクセントがあればより上にいけると感じますね。
LFC Lab
クロップがそのアクセントになればよいのですが・・・!今季、CL権を取れるかどうかが来季の補強にも関わるのでターニングポイントになりそうですね。
もりしん
そうですね‼︎ 今後のクロップ自身にも影響してくる部分になると思ので総力を尽くしてほしいですね‼︎
LFC Lab
少し雲行きが怪しくなってきましたが、クロップはやってくれると信じてます!

もりしんさんは普段から数多くの試合を分析されているかと思いますが、どのようなポイントに着眼して試合を観戦されているのでしょうか??「ここに目を向けると面白い!」と言うようなポイントがありましたら教えてください。

もりしん
基本的には「どのようにボールを回しているのか」「どんなDFをしているのか」をメインにおいて見ています‼︎100チームあれば100通りの解釈・表現方法があるので、その中で自分や自分のチームへ新しい価値観や知識、判断基準を植え付けれないかなと考えながら見ています。

個人的に面白いな〜と思うのが、前半と後半の違いを自分なりに分析をしたり、両監督がどんな意図で修正を加えてきたのかという部分を自分なりに解釈する事ですね‼︎(笑)交代カードの意味はなんなのかなど… 少しマニアックかもしれないですね(笑)。

LFC Lab
分析術のご提示ありがとうございます。

前半開始は互いに一週間考え尽くしてきた手を打つので、元々の狙いがなんだったのかとそれがハマっているのかを解釈するのが面白いですよね!後半の修正についてもとても共感できます。

自分なりに仮説を立てて、実際に何がどう修正されて、その結果どうだったのかを多角的に見ていくと頭は疲れますが、実に楽しいです。

もりしん
ほんとそうなんです‼︎ 頭だけが疲れて、1日に2試合や3試合見た時には、もぉ〜何もしたくなくなりますねぇ‼︎(笑)
LFC Lab
がっつり試合分析するとそうなりますよね!楽しいんですけど、たまにはぼーっと試合を観たくなります(笑)。
もりしん
なので、たまに何も考えず見ようと思ってるんですが、ついつい分析をするクセが出てしまいますね〜〜(笑)。
LFC Lab
何も考えずに観るのも楽しいのですが、ついそうなってしまいますよね(笑)。

もりしんさんに是非お伺いしたいのですが、今年のリバプールは何位でフィニッシュすると思われますか?理由もお聞かせ頂ければと!

もりしん
そうですねぇ〜⁉︎ 今年は3.4位あたりじゃないかなと思います‼︎

シーズンも後半戦なのでプレースタイル・戦術的に疲弊してくる選手が出てくるのではないかなと思います。 前半のペース配分と後半の戦い方を少し考えてプレーが出来れば、その辺りくらいで終えるのではないかと思いますねぇ‼︎

LFC Lab
CL権は獲得できるということですね。年始は確実に疲労が影響して失速したので、限られたリソースの中でクロップ戦術の浸透と、現実的な試合運びをうまく織り交ぜながらやりくりして欲しいところです。

冒頭で上げて頂いた「選手層」はこれ以上厚くならないので、監督だけでなくメディカルスタッフ、栄養管理者を含めたフロントの動きが鍵になるかもしれないですね。

もりしん
サッカーに限らずどのスポーツ、どの世界でも同じだと思いますが、光の当たっていないところで頑張ってくれる人達がいるから出来るわけであって、そこは無視をしてはいけない部分ですよね‼︎ そこがしっかり機能すれば必ずCL権は獲得出来ると思います‼︎ 残りの試合が非常に楽しみです。
LFC Lab
もちろん、選手や監督に注目が集まるのは何の違和感もないのですが、裏側の人達の動きもまた極めて重要なので、ラボではそのあたりにスポットライトを当てるコンテンツが増えても面白いなあと思っております。
もりしん
指導者の立場として選手にサッカーを教えるだけが仕事ではないと思っていて、それはプロ・アマも関係ないと思ってます‼︎ プロの世界はより細かく役割分担されているので、グラッドさんがおっしゃるようにそんなコンテンツがあるのは絶対に面白いと思います‼︎
LFC Lab
ゆくゆくはそのような細部にまでフォーカスを当てたコンテンツを増やしていければと!

 

 

LFC Lab
では、インタビューの締めとして、ラボでどんなコンテンツを発信されたいか、改めて教えて頂けますでしょうか!
もりしん
1番始めにもお話させていただいたように、リバプールを中心にその他のクラブなども見て俯瞰的に分析した事を発信したり、日本の指導現場の現状など伝えていきたいと思っております‼︎
LFC Lab
ありがとうございます。改めて、もりしんさんのこれからの記事が大変楽しみになりました。指導者のご経験からくる独自の視点でぜひ、発信して頂けますと嬉しいです!
もりしん
自分が感じたことはしっかり発信していきたいと思います‼︎ こちらこそ、ありがとうございました!

■もりしんさんのTwitterはこちら

■もりしんさんの記事一覧はこっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA