Takekick「英国留学中にリバプールがCL獲りました!」/ライターインタビューvol.21

Takekick
The following two tabs change content below.
LFClab

LFClab

リバプールFCラボの管理人です。

豪州駐在中のライターTakekickさんにインタビューをしてきました!

LFC Lab
まずはじめに簡単な自己紹介をお願いできますでしょうか!
Takekick
イギリスに留学してた2000年位からリバプール応援し始めました。それ迄は1992年辺りからレアルマドリーファンでした。
LFC Lab
イギリスに留学されてからリバプールをお好きになられたのですね。留学中、どのようなきっかけでリバプールと出会い、応援されはじめたのでしょうか??
Takekick
向こうに行ったのは2002年ですのでそれからですね。応援のきっかけは友達に引き摺られてです。ユナイテッドにダブル食らった年でしかもアウェイは惨敗して凄く辛かったのが応援したてのシーズンでした…。
LFC Lab
中々シビアなシーズンから応援されはじめ、サポーターになられたのですね。
Takekick
前半にヒーピア退場して4−0で負けました…。確かユナイテッドファンの友達に囲まれて相当に辛い思い出です…。
LFC Lab
それは想像したくない試合展開。その後、現地でユナイテッドファンに囲まれるのは中々タフなご経験ですね。。
Takekick
囲まれたと言うか弱いねぇみたいな、同情のような…。滞在中のプレミアリーグ成績はあんまり奮いませんでしたねが、CLとFA優勝は最高でした!
LFC Lab
CL優勝も現地滞在中だったのですか!さぞ、盛り上がっていたのでしょう。
Takekick
レバークーゼン戦をアンフィールドで見たり、決勝が期末試験終了日だったりで、あのシーズンは最高でしたね。
LFC Lab
CLをアンフィールドで観戦されたのですね!それは実に羨ましい!

現在も海外に駐在されていると伺ったのですが、現地で観戦されることも多いのでしょうか?

Takekick
今はオーストラリアにいます。この国にもプロリーグがあって今シーズン最終盤に入っています。何故かW杯予選の最中でもリーグやっている稀有なリーグです。やっているサッカーはプレミアみたいな感じで、守備がガバガバな事が多く終盤に大逆転が起こるエンタメ性に富んでます。
LFC Lab
現在はオーストラリアに駐在されているのですね。

代表ウィークもリーグ戦があるということで、代表選手を抱えているチームは大変ですね。試合展開はイメージ通りです(笑)。

Takekick
代表に所属してる選手は余り国内にいないのもあって、そこまで影響なさそうですね。
LFC Lab
なるほど、あまり国内の選手は代表に呼ばれていないのですね。

オーストラリアでもプレミアリーグは全試合放送されているのでしょうか?

Takekick
プレミアは去年までケーブルテレビが放映権持っていたのですが、今年から携帯会社が強烈な契約金を提示してほぼストリーミングオンリーになりましたね。 どこでも見れるって利点は有るのですが、画面が小さいし、若干遅れるのでケーブルテレビに戻って欲しいんですけどね…。録画もできなくなって、このシーンどうだったっけみたいな事が難しくなりました。 ケーブルテレビはプレミア以外は全部カバーしてるので、リーガとかCL見る事が少し増えましたね。後はLFCTVを放映する様になったので、時々ユースの試合とか眺めてます。
LFC Lab
プレミアリーグリーグの放送はまさに日本と近い状況なのですね。環境の変わり際は視聴者からすると不便な面も多いですよね。

 

LFC Lab
次に選手について伺います。Takekickさんは2000年頃からリバプールを応援されているとのことで、15年以上の歴になるかと思います。これまでのリバプールの選手の中で好きな選手トップ3を挙げるとしたら誰でしょうか?
Takekick
トップ3ですか…。ジェラード、スアレス、アロンソになりますね。
LFC Lab
王道の3人ですね。ジェラードは先日のレジェンドマッチでまだ現役でいけるのではないかと思うぐらい輝いてましたね。

では他のチームですといかがでしょう。誰か一人自由に連れてこれるときたら、誰を連れてきたいですか?

Takekick
誰か連れてこれるなら、間違いなくスアレスですね。
LFC Lab
スアレスですか〜。彼がいると戦術がひとつ増えるようなものですもんね。
Takekick
あのサッカー脳はマジで凄い。多分ストライカー以外もソツなくこなせると思います…。
LFC Lab
他の選手たちもスアレスに生かされて躍動してましたし、中には彼から学んでいる選手もいましたね。色々やらかしてしまっているので大きな賞は取れていないですが、南米らしい狡猾さも相まって、今世界一対峙したくない選手なのではないかと思います。

 

LFC Lab
では次に今年のプレミアリーグリーグについての質問です。シーズンも終盤ですがトップ6の最終順位はどのようになると思われますか?(第29節マンチェスター・シティ戦終了時点)
Takekick
1位リバプールと行きたいとこですが、流石にチェルシーでしょう。2位にリバプール、シティ3位、トッテナム4位、ユナイテッド5位、アーセナル6位で。
LFC Lab
リバプール2位はまだ狙えますよね。他が潰し合うわけですから。(後に2位フィニッシュの可能性はほぼ消滅・・・。)では、シーズン最終盤に向けて、リバプールの「鍵」は何になると思われますか?
Takekick
まぁ半分は願望ですけどね。プレスがはまらない時はどうしても肉弾戦が増えるので、空中戦で戦えるエムレ・ジャンが鍵と思っています。
LFC Lab
特にこれからの相手はそうですよね。リバプールはどのチームよりも選手の身長が低くて体重が低いというデータもありますし、その中でフィジカルバトルを比較的得意とするジャンに頼る展開は増えそうです。

 

LFC Lab
ではインタビューの最後に、今回ラボにご参画された理由と、どのような記事を発信されたいかお聞かせいただけますでしょうか!
Takekick
そんなに周りにリバプールファンが多くないので、昔の様に誰かとサッカー談義がしたいなぁという感じで参加しました。 参画したいと意思表示してから、公式と提携って聞いてチョット怯んでます(笑)。
LFC Lab
怯まないでください(笑)。Takekickさん、インタビューありがとうございました!次回の試合分析記事も楽しみにしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA