【2021移籍市場】リバプールFC 噂の補強リスト ~DF編~

The following two tabs change content below.
コーク

コーク

選手の分析記事をメインに、好きな音楽のネタを絡ませた記事も。ライター名はコカ・コーラから。あと櫻坂46の田村保乃さんのファンです。よろしくどうぞ。

こんにちはコークです。激動の2020/21シーズンも無事に閉幕し、移籍市場が主役になるシーズンが始まりますね。

リバプールはプレミアリーグを3位という結果で終え、来季のUCL出場権を獲得することができました。CLに出られるかどうかは資金やステータスといった様々な面で補強戦略を大きく左右することになるので、まずは一安心と言ったところでしょうか。ということで今回はリバプール移籍の噂があがった選手をまとめてみようと思います。

最初に断っておくと、移籍の可能性の予想みたいなのはあまりしていません。一口メモみたいな部分は、自分が書きたいことを好き勝手書いてます。役に立つ情報は少ないので悪しからず。というか、もはや自分の中で余談がメインになっています。それも併せて楽しんでいただければ。今回はDF(CB)編ですが、後にMF編とFW編もUPします。

※追記:MF編もUPしました↓

【2021移籍市場】リバプールFC 噂の補強リスト ~MF編~

2021.08.01

※追記:さらにFW編もUPしました↓

【2021移籍市場】リバプールFC 噂の補強リスト ~FW編~

2021.08.04

選手の基本データはドイツの移籍情報サイト「Transfermarkt」を参考にしています。名前の青くなっている部分をタップするとその選手のページに飛ぶので、その選手のことをより詳しく知りたい場合はタップ推奨。

それでは行ってみましょ~。

 

アイサ・マンディ

画像出典:football-espana.com

  • 選手名:Aïssa Mandi
  • 生年月日:1991年10月22日
  • 所属クラブ:レアル・ベティス
  • 国籍:アルジェリア
  • 身長:184cm
  • ポジション:CB
  • 市場価格:€8.00M
  • 契約終了年:2021年6月30日

【一口メモ】今夏フリーになるベテラン。移籍金はかからないし給料もおそらく安い。獲得したとしても、立場的にはバックアッパーの域を出なそう。CBが全滅した冬ならばいざ知らず、今夏改めて獲得に動くかは疑問が残る。ちなみにエージェントはジョー・ゴメスやネコ・ウィリアムズと同じ。他にはフェデリコ・バルベルデとかウッセム・アウアーとかジョバンニ・レイナとか。全員リバプールに来ればいいのに。あとこれは余談だけど、もし出血することがあったら「これが本当の“ブラッディ・マンディ”だね」って言いたい。CBだから流血する機会も多そうだし。

ペール・スフールス

画像出典:rushthekop.com

  • 選手名: Perr Schuurs
  • 生年月日:1999年11月6日
  • 所属クラブ:アヤックス
  • 国籍:オランダ
  • 身長:191cm
  • ポジション:CB
  • 市場価格:€8.00M
  • 契約終了年:2025年6月30日

【一口メモ】マンディと同じく、冬にリバプールの獲得候補に挙がったオランダ人。過去にはリバプールのトライアルに参加していたことも。フィジカル能力に優れており、CLでリバプールと対戦した際にはサディオ・マネと互角に渡り合っていた。ちなみにあと数シーズンはアヤックスに留まり、そこからステップアップしたいと公言している。あとこれは余談だけど、名前(Schuurs)がSuchmosに似ている気がする。もし本当に来たら名前をSuchmosのロゴっぽくしてみたい。

SuchmosのYONCEとは何者か?そのリバプール愛に迫ってみる

2020.08.05

グレイソン・ブレーメル

画像出典:liverpoolcore.com

  • 選手名:Gleison Bremer
  • 生年月日:1997年3月18日
  • 所属クラブ:トリノ
  • 国籍:ブラジル
  • 身長:188cm
  • ポジション:CB
  • 市場価格:€10.00M
  • 契約終了年:2023年6月30日

【一口メモ】トリノのブラジル人CB。トリノ加入前、アトレチコ・ミネイロ時代からリバプールはモニタリングしてたなんて話も。移籍金もそこまで高額ではなさそう。なんとなくリバプールがこういう選手の獲得に動くのは然もありなんと言ったところ。あとこれは余談だけど、名前が音楽隊っぽい。ちなみに「ブレーメンの音楽隊」の原題は「Die Bremer Stadtmusikanten」。ブレーメルの名前がドイツの都市を語源としているのかまでは不明。

ロイク・ベード

画像出典:90min.com

  • 選手名:Loïc Badé
  • 生年月日:2000年4月11日
  • 所属クラブ:ランス
  • 国籍:フランス
  • 身長:191cm
  • ポジション:CB
  • 市場価格:€12.00M
  • 契約終了年:2023年6月30日

【一口メモ】誕生日がチアゴ・アルカンタラと同じ。所属はフランスのランス。この言い方だとなんだかORANGE RANGEっぽいね。そんなこと言ってたらベードが『ロコローション』のMVに出てくる陽気なローション役に見えてきた。それにしてもフランスはどんだけいい感じのCBを輩出する気なんだろうか。びっくりするぐらい自分でボール持ち運ぶタイプで、対人守備も強い。リーグ・アンはかなりフィジカルなリーグなので、ここで身体能力に関する不満が少なければプレミアリーグでも(少なくともフィジカル的な)問題はなさそう。

コナー・コーディ

画像出典:skysports.com

  • 選手名:Coner Coady
  • 生年月日:1993年2月25日
  • 所属クラブ:ウルヴス
  • 国籍:イングランド
  • 身長:185cm
  • ポジション:CB
  • 市場価格:€25.00M
  • 契約終了年:2025年6月30日

【一口メモ】リバプールのアカデミーで育成された“NEXTスティーブン・ジェラード”。ちなみに身長も彼と同じ185cm。アカデミーのそれっぽいMFがジェラードの後継者と騒がれるのはまぁ当然と言えば当然のことである。アンダーの代表では主将も務めていたし。とはいえアカデミー時代からメインは守備的なMFで現在は完全にCBとしてプレーしており、CBが全滅した冬には大先輩であるジェイミー・キャラガーから勧誘されていた。しかし、4バックのCBとしての適性に関してやや疑問が残ることに加え、そもそも本人に移籍の意思がないので実現することはなさそう。

ドゥイェ・チャレタ=ツァル

画像出典:liverpoolcore.com

  • 選手名:Duje Ćaleta-Car
  • 生年月日:1996年9月17日
  • 所属クラブ:マルセイユ
  • 国籍:クロアチア
  • 身長:192cm
  • ポジション:CB
  • 市場価格:€25.00M
  • 契約終了年:2023年6月30日

【一口メモ】21年の冬、奥さんがInstagramでビートルズの『All You Need Is Love』を流す匂わせまでしちゃうレベルでリバプール移籍が目前だったクロアチア人CB。しかし、マルセイユ側が代役を確保できないということで白紙になってしまった。リバプールからの関心を非常に喜んでいただけにショックも大きかっただろうが、残留が決まった後のコメントも殊勝なもので個人的な好感度は急上昇。対人に強くフィードも上手い彼なら夏にステップアップできるだろう。それがリバプールじゃなくても頑張ってほしい。

スフェン・ボットマン

画像出典:liverpoolcore.com

  • 選手名:Sven Botman
  • 生年月日:2000年1月12日
  • 所属クラブ:リール
  • 国籍:オランダ
  • 身長:195cm
  • ポジション:CB
  • 市場価格:€28.00M
  • 契約終了年:2025年6月30日

【一口メモ】突如獲得候補として浮上し、リバプール界隈をざわざわさせたオランダ人。リーグ・アンを席捲するほどの逸材だけど、結局リバプールはオファーまでは出してなかったとかなんとか。リールには同じようなことをニコラ・ペペのときにもやられているので、シンプルに彼の価値を高めるための飛ばしだった説が濃厚。こちとらそれにまんまと釣られちゃったわけだ。リールだけに。ただまぁボットマンが優秀な選手であることには変わりになく、興味自体は持ってそう。

ベン・ホワイト

画像出典:dazn.com

  • 選手名:Ben White
  • 生年月日:1997年10月8日
  • 所属クラブ:ブライトン
  • 国籍:イングランド
  • 身長:189cm
  • ポジション:CB, RB, DMF
  • 市場価格:€28.00M
  • 契約終了年:2024年6月30日

【一口メモ】本職のCBだけでなく、右SBや守備的なMFとしてもプレーを可能にさせる足元の技術の高さとクレバーさが魅力のイングランド人。ただホームグロウンなので例に漏れず当然高い。リーズで武者修行していた頃からリバプールとリンクされていたけど、現時点でワールドクラスと評価するにはやや時期尚早感が否めず、まだプロスペクトの域を出ていないと思う。いいかい、お嬢さん、こういう選手に5000万ポンドをパパっと支払うなんてね、リバプールはしないんだよ。そんなのはマンチェスター・シティがすることだからね。

イブラヒマ・コナテ

画像出典:planetfootball.com

  • 選手名:Ibrahima Konaté
  • 生年月日:1999年5月25日
  • 所属クラブ:RBライプツィヒ
  • 国籍:フランス
  • 身長:194cm
  • ポジション:CB
  • 市場価格:€35.00M
  • 契約終了年:2023年6月30日

【一口メモ】来ました大本命。暇なズラタン・イブラヒモビッチみたいな名前してますね。バイエルン行きが内定しているダヨ・ウパメカノと共に市場で大人気のフランス人CB。現時点で最もリバプールとリンクされている。でもライプツィヒ、ウパメカノもコナテも同じタイミングで出せるのかね?まぁそんなことはどうでもいいか。あとこれは余談だけど、進撃の巨人が大好きでよくツイートしている。もしリバプールに来たらゴールマウスを襲う相手選手を一匹残らず駆逐してほしい。流石にそれは荷が重いって?いやいや、これはお前が始めた物語だろ。

エデル・ミリトン

画像出典:marca.com

  • 選手名:Éder Militão
  • 生年月日:1998年1月18日
  • 所属クラブ:レアル・マドリード
  • 国籍:ブラジル
  • 身長:186cm
  • ポジション:CB, RB
  • 市場価格:€40.00M
  • 契約終了年:2025年6月30日

【一口メモ】結局、評価されてるんだか評価されてないんだかよく分からない選手。このままずっとよく分からないまま終わりそう。いや、いい選手なのは分かってるんだけど、それ止まりというかなんというか。先方がわざわざ安売りするわけないし、個人的には「来るわけ(笑)」みたいな。あとこれは余談だけど、“militão”をグーグル翻訳にかけたらポルトガル語で“過激派”って翻訳された。本当か?ちなみに“militao”だと“民兵”。字面や言葉の意味的に語源はミリタリー(military)なんだろうか。

ちなみになんですが、リストはTransfermarktが算出した推定市場価格順に並べています。ここまで10人。次ページは5人いますが、つまりこのポジションのリバプール移籍の噂がある選手の中で、最も高価な選手トップ5ということです。一体誰なんでしょうか。元気よく行ってみましょ~。

LFC公式オンラインストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA