【2024移籍市場】リバプールFC 噂の補強リスト ~DF編~

The following two tabs change content below.
コーク

コーク

選手の分析記事や移籍の噂を メインに好き勝手書きます。 ハンネとアイコンは大好きな コカ・コーラから。
コーク

最新記事 by コーク (全て見る)

板倉滉

画像出典:football-zone

  • 選手名:Kou Itakura
  • 生年月日:1997年1月27日
  • 所属クラブ:ボルシアMG
  • 国籍:日本
  • 身長:188cm
  • ポジション:CB, DMF
  • 市場価格:€15.00Mill.
  • 契約終了年:2026年12月31日

【一口メモ】川崎フロンターレからマンチェスター・シティに転売目的で買われ、フローニンゲンとシャルケに出向した後にボルシアMGへ移籍。シティにちょっとした利益をもたらしたので彼らの目論見はそれなりに成功したといえる。板倉自身もボルシアMGで主力として活躍しており、日本代表でもしっかりとした地位を築いているので関係者全員ハッピーといった感じか。そんな板倉にはプレミアリーグ勢からの関心があるらしく、リバプールもその一つらしい。他にはスパーズやマンチェスター・ユナイテッドも彼の獲得に興味を持っているそうだが、個人的にはスパーズとかがいいんじゃないかなって感じ。知らんけど。[2024/05/20]

トシン・アダラバイヨ

画像出典:eurosport

  • 選手名:Tosin Adarabioyo
  • 生年月日:1997年9月24日
  • 所属クラブ:フラム
  • 国籍:イングランド
  • 身長:196cm
  • ポジション:CB 
  • 市場価格:€15.00Mill.
  • 契約終了年:2024年6月30日

【一口メモ】デカすぎるトシン・アダラバイヨ、巨神アダラバイヨ。のっけからふざけたけど、まぁそういう枠だろう。それなりに能力がありHG、しかも今夏はフリーで獲得できるということで人気銘柄になっている。リバプールにとっても(あまり考えたくはないシチュエーションだが)ジョー・ゴメスが退団した場合は選択肢になってくるかもしれない。あとこれは余談だけど、その昔Twitterのプロフィール欄に自身の名前の読み方を載せていた。Adarabioyoなのでローマ字風にアダラビオヨと読んでしまいがちだが、本人によると「Ada-rah-bye-yo」とのことで、となるとやはりアダラバイヨだよね。[2024/05/20]

マクセンス・ラクロワ

画像出典:ヴォルフスブルク公式HP

  • 選手名:Maxence Lacroix
  • 生年月日:2000年4月6日
  • 所属クラブ:ヴォルフスブルク
  • 国籍:フランス
  • 身長:190cm
  • ポジション:CB 
  • 市場価格:€20.00Mill.
  • 契約終了年:2025年6月30日

【一口メモ】国外(彼の場合はグアドループ)にルーツを持ち、サイズがあり、身体能力が高いと、いかにも近年のフランスが多く排出している優秀なCBの特徴を持っているラクロワ。一時期プレータイムを減らしていたが、2023-24シーズンは主軸としてフル稼働。ジョエル・マティプがシーズン絶望の怪我を負った際は、その穴埋め要員として(ドイツ方面ということもあってか)真っ先に名前が挙がった。あとこれは余談だけど、“Lacroix”はフランス語で“十字架”を意味する。Laは英語でいうところのThe、CroixはCrossに相当する(つまり、The Crossといったところか)。[2024/5/20]

アーサー・テアテ

画像出典:footballtoday

  • 選手名:Arthur Theate
  • 生年月日:2000年5月25日
  • 所属クラブ:レンヌ
  • 国籍:ベルギー
  • 身長:185cm
  • ポジション:CB
  • 市場価格:€20.00Mill.
  • 契約終了年:2026年6月30日

【一口メモ】『祝日』という曲でカネコアヤノは〈お腹が痛くなったら 手当をしてあげる〉と歌っている。俺はこの曲が大好きで、聴いているとなんだか自分も誰かに優しくなれそうな気持ちになる。ちなみに〈いつまで一人でいる気だよ〉とも歌っているので、もしかしたらYNWAの精神を宿した曲とも言えるかもしれない。話を補強に戻すと、最終ラインに不安が残るのは周知の通り。そこで俺はこう考えちゃうわけ。「もしリバプールがテアテを獲得したら、彼には〈テアテが来てあげる〉って言ってほしいな…」。というかもう実は水面下でリバプール移籍の話が進んでいて、「みんなに内緒もいつまでできるかな」って感じだったりしないかな。不安にならないようにCBが来るといいよね。そうしたら俺ももう少し明るくこれからの話ができるのに。[2024/05/20]

ペール・スフールス

画像出典:charitystars.com

  • 選手名: Perr Schuurs
  • 生年月日:1999年11月6日
  • 所属クラブ:トリノ
  • 国籍:オランダ
  • 身長:191cm
  • ポジション:CB
  • 市場価格:€25.00Mill.
  • 契約終了年:2026年6月30日

【一口メモ】2020-21シーズンにリバプールがCBクライシスに陥ったとき候補として紙面を賑わせていた一人で、過去にはリバプールのトライアルに参加していたことも。フィジカル能力に優れており、アヤックス時代にCLでリバプールと対戦した際にはサディオ・マネと互角に渡り合っていた。その後スフールスはトリノへと移籍したが、アヤックスとトリノの取引は実に30年振りのことだったらしい。あとこれは余談だけど、“Schuurs”って名前、ボーカルのYONCEがリバプールのファンでお馴染みのバンド、“Suchmos”に似ている気がするんだけどどうだろう?[2024/05/20]

これは限りなくSuchmosっぽいSchuurs

SuchmosのYONCEとは何者か?そのリバプール愛に迫ってみる

2020.08.05

ジャン=クレール・トディボ

画像出典:espn.com

  • 選手名:Jean-Clair Todibo
  • 生年月日:1999年12月30日
  • 所属クラブ:ニース
  • 国籍:フランス
  • 身長:190cm
  • ポジション:CB
  • 市場価格:€30.00Mill.
  • 契約終了年:2027年6月30日

【一口メモ】若くしてバルセロナに買われたものの目立った活躍ができず、ドイツ(シャルケ)やポルトガル(ベンフィカ)へのローンを経てフランスに戻り、現在はニースで活躍中。バルセロナ時代はプロとして失格だったと自身で語っているように、今は精神面も成長しているのかもしれない。あとこれは余談だけど“Jean-Clair”という名前の起源についてだけど、“Jean”の方は“Johaennes(ヨハネス)”、“Clair”の方はフランス語で“透明”や“明るい”などを意味するらしい。[2024/05/20]

ウィリアン・パチョ

画像出典:transfermarkt

  • 選手名:Willian Pacho
  • 生年月日:2001年10月16日
  • 所属クラブ:フランクフルト
  • 国籍:エクアドル
  • 身長:187cm
  • ポジション:CB
  • 市場価格:€30.00Mill.
  • 契約終了年:2028年6月30日

【一口メモ】昨夏フランクフルトに加入したばかりだが、一年で大きく名を揚げたパチョ。スピードがあり希少な左利きということで多くのビッグクラブが注視しており、リバプールもその一つだとかなんとか。ただ前述の通りまだフランクフルトでプレーして一年しか経っていないため、移籍金もそれだけ高額になりそうなのがネックかもしれない。あとこれは余談だけど、“Pacho”という言葉を調べたら、チリでは「ずんぐりした/小太りの」、キューバでは「腰の重い」、メキシコでは「平らな/平べったい」といった意味が出てきた。どの国もスペイン語圏だが、特にチリとメキシコでは意味が真逆なようにも感じる。エクアドル出身のパチョはどこから来ているのだろうか。[2024/05/20]

LFC公式オンラインストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA