【KOPが行くヨーロッパ旅行記 vol.4】イギリス リバプール編〜街の風景からバスの乗り方、アンフィールドまで〜

The following two tabs change content below.
venadoave5
ゆる〜く記事書いてます!心を落ち着かせてお茶でも飲みながら読んでください!おそらく、まともな考察記事なんて書かないと思います(書けない)。プロフィール写真は噴火口・噴気口の地図記号です(フリー素材です)

はろー、あいむ あっと りばぷーる!

ついに来てしまいました、リバプール!

ロンドンからは電車で2時間くらいでした。

街の様々なところにライヴァバードがあります。隠れミッキーを探せ的なノリはいかがでしょうか?

アルバートドッグに来ると港町だなぁと感じること間違いなしです!横浜の赤煉瓦倉庫と同じ観光利用をしているとこや、観覧車があるあたりは、港町ってどこも似てるんだなぁなんて思ってしまいました。(笑)

(ここは川なのに海の匂いがしたってことは汽水なんですかね?詳しい方よろしくお願いします)

もちろんメルウッドにも来ました!出待ちしてる人が少々いましたが、練習してる気配がなかったので渋々帰りました…。

メルウッドの塀の反対側の家の塀に登れば中を見ることができますが

もちろん撮影は禁止。(笑)

ちなみにバスの2階からも中が見えます!

そしてスタジアムツアー!

スタジアムツアーに関しては、皆様の楽しみをとっておくために内部の写真は控えさせていただきます!

ですが、来年からロッカールームが新しくなるらしいので今のロッカールームだけ公開します!

今はインタビュールームもロッカールームもプレハブ感がありますが、来年から新しくなるらしいのでまた行く楽しみが増えました!

そしてアンフィールドでの観戦!重要なので2回書きます!

プライオリティーチケットという食事付きの高額なチケットだったので前から11列目でした!(血の滲むようなバイトの賜物です)

こんな感じのところで試合前に食事が摂れます。普段Jリーグではゴール裏でスタグルを食べてる私(柏レイ○ルの某みゃ長風に言えば、ゴール裏の貧民どもの一人)にとって手の震えが止まらないくらいの食事でした。(笑)

チャントが発生した時の圧倒的な雰囲気はどこでも味わうことのできないものに思えます!

そして、私たちが泊まったゲストハウスなのですが、予約時にWi-Fi付きと書いてあったのにWi-Fiがなかったり、チェックイン場所が違う場所にあって(あるいて1/2マイル)そこまで行かなければならなかったりと大変な思いをしました…。これがイギリスの洗礼らしいです。

(どこか知りたい方は私のツイッター垢のDMにてこっそり教えます)

そしてジョンレノン空港へ。

ジョンレノン空港へはliverpool oneというバス停から30分くらいでいけて£1,8でした。

バスといえば、私たちが困った点がありまして、それはどのように乗れば良いのかです。ロンドンではバスと電車共通の1日乗車券を買っていたので問題なく使えたのですが、リバプールではよくわからず、近くにいたマダムに友人が聴きてくれました。

バスの乗り方

リバプールでは乗る前にお金を払います。1回が£2.2(国際学生証があれは£1.8)です。

a day ticketといえば£4.3(学生価格が£3.8)で1日乗車券が買えます。このチケットはレシートみたいなペラッペラなら紙なので、無くさないようにしてくださいね!2回目以降は乗るときにそのレシートをみせればokです!

ちなみにバスはジェットコースターなみに運転が荒い時が多々ございますので、酔いやすい方はご注意を。(笑)

リバプールの旅は2日と半日しかなくビートルズ関連の場所にはいけませんでしたが、それでも十分なくらいフットボールを堪能できました!試合も勝ちましたしほんとによかったです!

次は友達と別れて一人でスペインへ行きます。ですが、プライベートな部分が大半で多く観光はあまりしません。(笑)

1年ぶりのスペインはとても楽しみです!

Bye

〜おまけ〜

友人が食べてたスカウス!味はよく言えば素朴なビーフシチューらしいです。食べてみたい方はMaggie Maysというカフェへ行けば食べれます!※夜は閉まってるので昼に行くのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。