ルイス・ディアスがリバプールでの意欲を語る

The following two tabs change content below.
keiko hirano
LIVERPOOL SUPPORTERS CLUB JAPAN (chairman) My first game at Anfield was November 1989 against Arsenal and have been following the Reds through thick and thin

以下は、本日(2/5)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ルイス・ディアスがリバプールでの意欲を語る

1月の新戦力ルイス・ディアスがリバプール入りし、初トレーニングに臨みました。明日のFAカップ(対カーディフ)にはスタートは早急すぎると見られますが、ユルゲン・クロップは(サブでの)デビューの可能性を否定していません。

そして、ディアスはアクサ・トレーニング・センターで新チームメートおよび監督コーチ陣と初対面し、リバプールでの抱負を語りました。これはLFCTVのインタビューでのことです。

画像出典:LFC公式Twitter


「僕はここしばらくの間、リバプールのことが好きでずっとフォローしていた。可能な限り試合を見てきた」と、ディアスは語りました。

「プレミアリーグが世界のベスト・リーグの一つだということは誰もが認めるところだし、僕も子供の頃からずっとプレミアリーグを見ていた」。

「リバプールについては、僕が今さら言うまでもないという感じだ。素晴らしい伝統を持つ偉大なクラブだ。たくさんの優勝杯を取ったクラブだし。だから、僕はずっとリバプールのことが好きで見ていた」

「リバプールの試合を何試合見たか?うーん、たくさん、だ。たぶん、毎シーズン5試合くらいは見てきたと思う。CLの試合は全部見てきたし。もちろん、僕はポルトの選手だった時には自分のチームでの仕事に集中していた。そして時間が許す限りリバプールの試合を見てきた。リバプールはいつもビッグ・マッチに出ていたし。プレミアリーグの試合は面白い試合がたくさんある」

「(リバプール入りは)僕にとってはパーフェクトだった。僕の希望が実現した移籍だった」

「リバプールのプレイスタイルも僕には合っていると思ったし、僕はこのチームで役に立つ仕事ができるという自信がある。僕はとにかく100%を出すことが必須だと思っている。チームの勝利に貢献出来るように頑張ることが重要だと」

「今日、すでにトレーニングに参加したし、僕としては今日からでも試合に出る戦力として考えてもらいたいと思っている。監督コーチから求められればその信頼に応えたい」

*本記事はご本人のご承諾をいただきkeiko hiranoさんのブログ記事を転載しております。

LFC公式オンラインストア


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA