【2022移籍市場】リバプールFC 噂の補強リスト ~MF編~

The following two tabs change content below.
コーク

コーク

選手の分析記事をメインに、好きな音楽のネタを絡ませた記事も。ライター名はコカ・コーラから。あと櫻坂46の田村保乃さんのファンです。よろしくどうぞ。

おまけ

移籍後間もないため、しばらくの間はリバプール移籍の可能性が消滅した選手たちをここに貼っておきます。振り返ったときに、この選手の噂があったんだなぁと思ってもらえると嬉しいです。

ロドリゴ・デ・パウル

画像出典:goal.com

  • 選手名:Rodrigo de Paul
  • 生年月日:1994年5月24日
  • 所属クラブ:ウディネーゼ
  • 国籍:アルゼンチン
  • 身長:180cm
  • ポジション:CMF, AMF
  • 市場価格:€38.00M
  • 契約終了年:2024年6月30日

【一口メモ】ここ最近、噂が過熱している選手の一人。ウディネーゼではキャプテンも務めている。攻撃色が強く、今季はセリエAで9ゴール10アシストを記録している。中盤からの得点が期待出来ないリバプールにとってスパイスになりえるが、27歳という年齢がネック。ウディネーゼの要求額を含め、リバプールの補強方針を破ってでも獲得に動くだけの選手かと言われればやや疑問が残る。ちなみに代理人を最近ミーノ・ライオラに代えたらしい。リバプールは名前を使われているだけな気がしてきてる。[2021/05/25]

2021年7月12日、3500万ユーロの移籍金でアトレティコ・マドリードへの移籍が決定

マヌエル・ロカテッリ

画像出典:90min.com

  • 選手名:Manuel Locatelli
  • 生年月日:1998年1月8日
  • 所属クラブ:サッスオーロ
  • 国籍:イタリア
  • 身長:185cm
  • ポジション:CMF, DMF
  • 市場価格:€35.00M
  • 契約終了年:2023年6月30日

【一口メモ】クラブでの好調そのままにEURO2020でも優勝に大きく貢献したイタリアン。今夏の移籍が確実視されており、ロカテッリ本人はユヴェントスに行きたい、ユヴェントスも彼が欲しい、そしてサッスオーロも売って構わない、というユーヴェ移籍が実現する全ての条件が揃っている。ただ、サッスオーロの要求額とユーヴェの提示額にはかなりギャップがあり、そこに付け入る隙があるのではないかと考えているっぽい。ちなみに特に熱心とされるプレミアのクラブはアーセナルで、提示額もサッスオーロの要求額を満たすレベルにあるという。あれ、もしかしてリバプール、ユーヴェにプレッシャーを与えるために名前使われているだけじゃない…? [2021/08/01]

2021年8月18日、ユヴェントスへのローン移籍が決定

サウール・ニゲス

画像出典:@saulniguez
  • 選手名:Saúl Ñíguez
  • 生年月日:1994年11月21日
  • 所属クラブ:アトレティコ・マドリード
  • 国籍:スペイン
  • 身長:184cm
  • ポジション:CMF
  • 市場価格:€40.00M
  • 契約終了年:2026年6月30日

【一口メモ】ワールドクラスの評価を確立していたものの、やや評価を落としアトレティコ内での地位も絶対的なものではなくなってしまった。アトレティコ側もサウールの売却には前向きで、希望額は4000万ポンド程度らしい。年齢的にリバプールの補強方針には当てはまらないものの、噂が出ているMFの中では最も格も実績も高い選手の一人で、最盛期の姿を取り戻すことができればジョーダン・ヘンダーソンを押しのけて右IHのレギュラーになれるレベルの選手であり、本当に動いている可能性はありそう。気がかりなのは、腎臓に損傷あり菜食中心の生活を送り始めてからパフォーマンスが下降している点か。しかし、これまでのキャリアで怪我という怪我を負ったことがほとんどなく、そういう意味でもワイナルドゥムのリプレースとしてはこの上ない選手かもしれない。あとこれは余談だけど、サウールのアイドルは何を隠そう我らがスティーブン・ジェラード。そしてフェルナンド・トーレスが好きすぎることはあまりにも有名。これはもうリバプールで夢を叶える条件を十分に満たしていると言えるのではないだろうか。 [2021/08/01]

2021年8月31日、チェルシーへのローン移籍が決定

イヴ・ビスマ

画像出典:paininthearsenal.com

  • 選手名:Yves Bissouma
  • 生年月日:1996年8月30日
  • 所属クラブ:ブライトン
  • 国籍:マリ
  • 身長:182cm
  • ポジション:CMF, DMF
  • 市場価格:€25.00M
  • 契約終了年:2023年6月30日

【一口メモ】一体全体何人いるか分からないカンテ風のMF。守備力やフィジカル能力は高めだけど攻撃性能はやや物足りなさがある。ポテンシャルは高いけど、現時点でブライトンが要求している額を支払ってまで獲得すべき選手なのかは個人的には疑問。あとこれは余談だけど、ブライトンには俺たちのアダム・ララーナがいるので、彼らの中盤にはアダムとイヴが揃っているわけだ。なんだか旧約聖書っぽいね。 [2021/05/25]

2021年10月7日、性的暴行によって逮捕されたため、おそらくリバプール移籍の可能性は消滅

LFC公式オンラインストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA