『ジョーダン・ヘンダーソンがサディオ・マネの交代直後の「怒り」(モー・サラーに対する)について語る』

The following two tabs change content below.
keiko hirano
LIVERPOOL SUPPORTERS CLUB JAPAN (chairman) My first game at Anfield was November 1989 against Arsenal and have been following the Reds through thick and thin

以下は、9/1のリバプール・エコー紙の記事です。

■ジョーダン・ヘンダーソンがサディオ・マネの交代直後の「怒り」(モー・サラーに対する)について語る

土曜日のターフ・ムーアでのバーンリー戦で、リバプールは3-0勝って開幕4連勝、および今季初のクリーンシートを達成しました。

しかしその試合の終幕に、サディオ・マネが交代した時に、ベンチに座って激怒していた様子がTVカメラに捉えられたため、必然的に大きな話題となりました。

それは、誰の目にも明らかなことで、その試合でリバプールがチャンスを得た時に、モー・サラーが(ノーマークに近かった)サディオ・マネにパスを出さずに自分でシュートし、得点できなかったことが原因でした。そのサラーの「パスしなかった」ことについては、タッチラインにいたユルゲン・クロップも怒って叫んでいた姿が見えました。

それに対して、(当然のことながら、質問されたため)主将のジョーダン・ヘンダーソンが説明しました。

画像出典:LFC公式Twitter

「サディオは元気になった。彼はいい奴だ」と、ヘンダーソンは語りました。

「我々選手たちは、常にお互いに刺激し合っている。だから、これはいつものことだし、僕としては、チームメート同士で真剣に競争して、協力して全体の力を向上させるということは重要なことだと思う。」

「我々選手たちは、みんな本当に仲良いので、何かあってもすぐに解決策を見つける。」

「正直、僕は最初、何が問題だったかわからなかった。でも、控室に戻った時には笑っていて、ジョークを言い合っていた」

「最も重要なことは、チームが試合に勝ったということ。サディオもそれを知っている。彼は良いプレイをした。サディオとボビー(フィルミーノ)は常にセカンド・ボールを取った。彼らは素晴らしいパフォーマンスだったと思う」

画像出典:LFC公式Twitter

尚、ヘンダーソン本人も、相手選手と衝突して足を痛めたことで交代しました。ヘンダーソン本人の足について質問されて、ヘンダーソンは語りました。

「大丈夫だと思う。たぶん、監督は僕が痛がっていると思って心配してくれたのだと思う。でも、僕は大丈夫だ」

*本記事はご本人のご承諾をいただきkeiko hiranoさんのブログ記事を転載しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA