Suchmos「リバプール愛」溢れるW杯テーマソングを作る

The following two tabs change content below.
コーク

コーク

好きな事を書いていくだけの大学生。戦術的な記事の他に選手名鑑や小ネタなどなど、様々な事を書いていきます。

Hi, I’m fine more get high!

新生活も一か月が過ぎましたね。どこを探さしても乗り換え先のホームが見つからない、なんてことはなく、今はもう乗り換えには無心なんじゃないでしょうか?秀逸なトーテムポールでも置いてあれば最初から迷うこともなかったんでけどね。

さて、ジェラードが世界一だ!と大絶賛するモハメド・サラーの勢いが止まりませんね。あまりに凄すぎて僕の笑いも止まりません。なにが凄いって、速いのは足だけじゃなかった。ゴールを積み重ねるペースも、まだ誰も知らないスピードでした。どんなスピードで心臓の脈を打っているんでしょうか?

画像出典:リバプール公式Twitter(@LFC)

と、前置きはこのくらいにしておいて、今回はこの場をお借りしてSuchmosという日本のバンドの話をしたいと思います。

リバプールとSuchmosになんの関係があるのか、というと、すでにご存知の方も多いことかと思いますが、SuchmosのヴォーカルでありフロントマンでもあるYONCEこと河西洋介さんは、自他共に認める大のリバプールファンなんですね。

しかし、「でも売名なんじゃないの?」と疑う方もいらっしゃるかもしれないので、彼のKOPエピソードを少しだけご紹介したいと思います。

ライブでリバプールのユニフォームを着ちゃう

その人がリバプールを好きなのかどうか、一瞬でわかりますね。好きじゃなけりゃライブで特定のクラブのユニフォームなんて着ません。ごく稀に他のチームのユニフォームを着ることもありますが笑

『TOUR FIRST CHOICE LAST STANCE』の仙台公演での控室での一幕。チラッと映るYONCEくんが来ているユニフォームは、チャンピオンズリーグ仕様のサードキット。ネームはフェルナンド・トーレスのようです。ちなみに筆者も同じトーレスのユニフォームを持っているので嬉しかったですね。

画像出典:筆者撮影

もちろんライブ以外でも様々な媒体に、リバプール関連のファッションで登場しています。曰く「サッカーシャツはファッションというより完全な趣味」。

画像出典:@switch_pub

インタビューでリバプールを出してくる

画像出典:YONCE Instagram(現在はSuchmosのアカウント)

サッカーとはなんの関係のないインタビュー。ここでYONCEくんは、自身の尊敬するMAROON5という世界的なバンドを、リバプールに例えました。出せそうなところがあれば積極的に出していくその姿勢、尊敬。僕も行けそうなところがあればSuchmosの曲の歌詞を記事に引用しますもの。

歌詞に「YNWA」

Suchmosに「Life Easy」という曲があります。そしてこの歌、なんといきなり、リバプールの毎試前に大合唱される曲のタイトル「You’ll Never Walk Alone」から始まります。これでKOPじゃないって方が無理ありません?新曲にもYNWAを入れているんですが、それはあとで詳しく…。

You’ll never walk alone fuckin’ brother
いつでもBestなTakeをChoice
流れる景色を吸って Joy どこへでもゆける
Coast to coast.
Take a life easy.

Life Easy
Suchmos
2015/04/08 ¥250

NHKサッカーのテーマソング

です!歴代の担当アーティストは、ポルノグラフィティから始まり、Superfly、RADWIMPS、サカナクション、椎名林檎、ONE OK ROCKなどなど、錚々たる方々。そして今年は4年に1度のワールドカップイヤー。否が応でも期待が膨らんでしまいます。

そして5月10日に、2018年NHKサッカーテーマソングに使用されるSuchmosの新曲、「VOLT‐AGE」(ボルテージ)がNHKの公式サイトで発表されました!

画像出典:Suchmos公式Twitter

まだ1分間のショートバージョンのみですが、それでも伝わってくるかっこよさ、たまらないです。まだ聴いていない人は今すぐ楽曲をチェック

やはり、というか、まぁわかっていましたがぶっこんで来ましたね「You’ll never walk alone 」

On the pith 聞こえるだろう
You’ll never walk alone
Across the space 星の数のように

流石と言わざるをえない、最高のグルーヴ。全力でハートをビートさせに来ているこの感じ、徹底したサチモニズムの追及が垣間見えます。だから私は、サチモニスト。この曲の全貌が明らかになるのはまだ先ですが、とりあえず今はこの1分の余韻に浸りましょう。

しかし、まだSuchmosをよく知らない人もこの記事を読んでいる方の中にはいるかもしれない。それは非常に筆者の心が苦しいので、僭越ながら2ページ目で筆者が独断で選ぶSuchmosの曲BEST3をご紹介したいと思います。

画像出典:Suchmos公式Twitter(@Suchmoz)

もしちょっとでも興味があれば是非とも進んで頂き、よりSuchmosを知っていただければと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。