アレックス・オックスレイド=チェンバレン│リバプール選手名鑑

The following two tabs change content below.
コーク

コーク

ライター名は大好きなコカ・コーラから。戦術・選手分析といった普通の記事から一風変わったものまで書きます。
コーク

最新記事 by コーク (全て見る)

基本プロフィール

画像出典:チェンバレン公式Twitter

  • 選手名:アレックス・オックスレイド=チェンバレン
  • 生年月日:1993年8月15日
  • 国籍:イングランド
  • 身長:175cm
  • ポジション:CMF, AMF, WG
  • 背番号:21
  • チームキャリア:サウサンプトン(10/11~)、アーセナル(11/12~)、リバプール(17/18~)
  • 市場価格:30,00 Mill. €
  • 契約終了年:2022年6月30日

プレースタイル

ストロングポイント

画像出典:チェンバレン公式Twitter

爆発的なエネルギーとスピード、華麗なテクニックから繰り出される、豪快なドリブルが最大の武器。ドリブル成功数はプレミア屈指の成績を誇る。ボールスキルが極めて高く、細かいタッチから相手DFを翻弄してゴールを陥落させる。16-17シーズン、エミレーツでのプレミア・リーグ開幕戦、サディオ・マネのスーパーゴールの後に、逆にこの選手1人に完全にやられてゴールを奪われたのは記憶に新しいだろう。

また、ユーティリティー性も本来は評価したいのだが、彼の場合はそれが仇となり、アーセナルと決別し、チェルシーを袖にしているので難しいところ。リバプールではインサイドハーフとWGでの起用が多くなりそうだが、本人はやはり前者でのプレーを望むだろう。

ウィークポイント

画像出典:チェンバレン公式Twitter

怪我の多さと一貫性のなさ。筋肉系のトラブルが多く、これはダニエル・スターリッジなどと同じように、スピードを武器とする選手の宿命か。また、時折精神面の未熟さも指摘される時がある。たしかに負けているときや、自身のプレーが上手くいかないときになげやりな態度をとったり、あからさまに不満そうな表情を見せるのはよくないだろう。だが、守備意識は持ち合わせている選手なので、リバプールという環境であればそれも改善されていくはず。

また、英国人選手らしく大味なプレーも散見されるが、アーセナルではいつまで経っても殻を突き破れなかった可能性も否定できないので、このリバプール移籍をきっかけにワールドクラスへと化けたいところ。しかし、この夏で24歳を迎え、若手と言える年齢ではなくなっている。来夏には自身の希望するポジションにナビ・ケイタが加入する。間違いなくチェンバレンにとって勝負の1年となるだろう。

 

エピソード・小ネタ

画像出典:チェンバレン公式Twitter

・生まれはポーツマス。お父さんは元イングランド代表で8キャップを記録しているマーク・チェンバレン。そしてサウサンプトンのアカデミー出身。そう、なにを隠そうあのサウサンプトンである。

・2012年にジョーダン・ヘンダーソンとテニスボールを使ったリフティング対決をやっている。ヘンドが小刻みに一定のリズムで正確にリフティングする中、チェンボはあっちいったりそっちいったりするリフティングを披露。両者のプレースタイルが現れた面白い企画なので是非チェックを。

・光陰矢の如し、アンドレ・マリナーがチェルシーvsアーセナル戦で「人違い退場」させてしまったことを覚えているだろうか?あの「人違い退場」からもう3年以上経っているが、その当事者の1人がチェンバレンである。エデン・アザールのシュートを手でブロックしたチェンバレン、しかし、退場させられたのはキーラン・ギブスであった。そのギブスはこの夏にウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに移籍。奇しくも同じタイミングで両選手ともアーセナルを去ることになった。ネット上では「リバプールに来るのはギブスなのでは?」などと早速ネタにされているが、そうならないことを願おう。

・アーセナルがサウサンプトンからカラム・チェンバースを獲得した際、自身のツイッターに「ニックネームに関する裁判の準備は出来ている」と書き込んでいる。チェンバレンの愛称は「チェンボ」であり、ニューフェイスのチェンバースも同じく「チェンボ」がニックネームだからである。とはいえ同じセインツ育ち、仲は良い。リバプールでも「チェンボ」の愛称で親しまれそうだが、「Ox(オックス)」も捨てがたいところ。

・慈善活動でロイヤル・フリー病院に入院する子供たちへ、クリスマス・プレゼントを届けるために訪れたチェンバレン含むアーセナルの選手御一行。だが、とある少年に「アーセナルは嫌い… 。リバプールの選手はいないの?」と言われてしまったらしい。しかし、チェンバレンは逆にこの少年を気に入ったらしく、このエピソードを自身のインスタグラムにて明かしている。晴れてリバプールの選手となった今、是非この少年に会いに行ってほしいものだ!(2014年12月19日の投稿)

画像出典:‪Alex Ox Chamberlain‬公式Instagramより

・代表でのインタビューにて、「ダンスが一番下手な選手は?」という質問に、ラヒーム・スターリングと答えている。曰く「1000%スターリング。スターリッジが一緒にジョーダン・アイブやスターリングと踊ってるビデオを見たんだけど、あいつのリズム感には驚かされたね。リズム感がまるでないんだ。信じられなかったよ。」

・アジアツアーでシンガポールを訪れた際、そこで開催されたファンミーティングにて、司会者に「アーセナルのレジェンドとプレーできるなら、誰とプレーしてみたいですか?」と聞かれたチェンバレンが答えたのは、ティエリ・アンリでもデニス・ベルカンプでもなく、なんとあの “ベントナー卿” こと、ニクラス・ベントナー!彼の笑撃の回答に会場は爆笑の渦に巻き込まれた。

・彼女はイギリスの歌手ペリー・エドワーズ。人気ガールズ・グループ 「Little Mix」 のメンバーの一人でもある。代表曲の「Wings」はNHKのサッカー番組のBGMとして使われており、耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないだろうか。ロンドンからリバプールへ環境が変わるチェンバレンだが、この移籍がビッグカップルの今後の展開にどう影響をもたらすのか目が離せない。

画像出典:‪Alex Ox Chamberlain‬公式Twitter

・もはやお馴染みの「Wenger Out」。ヴェンゲルの退任を要求するアーセナル・ファンの合言葉のようなものだが、チェンバレンが間違ってファンのこのツイートを誤いいねしてしまい話題に。すぐに取り消してヴェンゲルに謝りにいったそうだ。ちなみにヴェンゲルはなんのことなのかよく分かっていなかった様子とのこと。

・リバプール移籍に伴い、軽めのインタビューに答えたチェンバレン。インターナショナル・ブレイクということもあり、多くは語っていないが、子供の頃はリバプールのサポーターだったと明かしている。この手の話は多く見かけるが、彼の場合は本当だったと信じていいだろう。というのも、彼の子どもの頃のアイドルは我らがスティーブン・ジェラード。BTスポーツのインタビューを受けたチェンバレンは、解説として現場にいたジェラードの御前で「僕が本当にやりたいのはCMF。なぜなら、僕はずっとジェラードを目標にやってきたから。」と話している。余談だが、ロビー・サベージが「僕じゃなくて?」とチェンバレンに聞くと「ごめんね、あなたじゃない。」と一蹴している。

参考サイト


transfermarkt世界のサッカー選手の移籍情報を中心としたデータベースサイトです。

WhoScored:欧州サッカーのスタッツや最新ニュースが掲載されているサイトです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。